FC2ブログ
2018 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2019 01

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうしてテレビを見せないでというようになったのか(その2)

kage

2018/10/18 (Thu)

前回からの続きです。

20年も前の話、

ことばの相談に見えた不思議な2歳8か月の男の子、
ニコニコしていて一見何の問題も見当たらないのに、突然高い声で叫ぶ、走り回る、
そして、無言語

私は、お母さんに思わず 「テレビをゼロにしてみましょうか。」 といったものの、
次の相談までの1カ月間、お母さん大丈夫かな、大変な思いをしていないかな、
それともやっぱり見せちゃったかな、と、ずっと気になっていました。

果たして1カ月後の再相談の日、
親子はニコニコして部屋に入ってこられました。

  「先生、しゃべりだしました。テレビをやめたら途端に。パパ、ママ、ネエネとか。
   チョウダイとかバイバイもいうし、絵本を見ながらワンワンとかニャーとかいいます。」

私はそうなるだろうとは思っていたもののやっぱりびっくりしていて、
   
  「そう、それはよかった。でもテレビをつけないで生活をするのは大変ではなかったですか?」

と尋ねました。

  「はじめの日はリモコンを持ってきたり、テレビの前でウロウロしたりしていましたが、
   リモコンを隠して、3日目ぐらいからはテレビのことはすっかり忘れた様でした。」

  「それはよかった。」

  「それから、叫んだり、走り回ったりもピッタリなくなりました。 マンションなので下の階の
   方に迷惑かと思って静かにさせるためにテレビを見せていたのですが、逆効果でした。」

私がお母さんとお話している間も落ち着いて担当の保健師とおままごとで遊んでいました。
お皿にリンゴをのせて 『ドウゾ』 とかいいながら・・・

私はお母さんに無理難題を押し付けてしまったのではないかと心配していたので、
お母さんの話にホッと胸をなでおろしましたが、それと同時にテレビが子どもにこんなに
悪さをしていたのだと思い知らされました。

3回目の相談はその3カ月後、ちょうど3歳、2~3語文で話すようになっていました。
診察にもしっかり応じてくれて口腔内や聞こえにも問題が無いことを確認しました。

お母さんは、子育てが本当に楽しいとますますニコニコされていました。

そして、4回目は3歳と6カ月のとき、テレビの視聴はないままです。
言語発達は、ほぼ正常範囲、理解語彙も十分です。
発信と受信のバランス、語用、発声や構音、注意維持力にも異常が無いことを確認し、
この子の相談を終了しました。

その後も、これはと思われるお子さんにはテレビの視聴についてのアドバイスを
するようにしました。そしてその効果の大きさに改めて驚かされました。

そんな時、米国小児科学会より衝撃の提言(1999年10月)がなされました。

2歳までの子どもにはテレビを見せるなというものです。

やっと見つけました。お母さんたちに説明するための根拠を。
まだ、しっかりとした科学的な証拠に基づいてというほどのものではなかったのですが、
テレビがよくないというのが私や一握りの人間の勝手な考えではないといえるようになったのです。

(米国小児学会ホームページ: 10年以上経過した記事は削除されていますので、
 2011年11月の POLICY STATEMENNT でご確認ください。


それから4年以上も経っていましたが、2004年には日本小児科医会も
子どもとメディアの問題に対する提言を出しました。

日本小児科医会ホームページ


                             ― 続  く ―


スポンサーサイト

どうしてテレビを見せないでというようになったのか

kage

2018/10/07 (Sun)

お伝えしたいことが山ほどあって、整理がつかなくなってしまうので、
時間の流れとともにお話してみたいと思います。

以前書いたことと重なることもあるかもしれませんが、私がどうして信念をもって
子どもにテレビを見せるのがよくないと思うようになったのか、
少し長くなるとは思いますが、子どもさんのことでお悩みがある方はお付き合いください。

もう20年以上も前、私は今の職場に入職し、何年かぶりに小児の分野の仕事に戻りました。
同時に、保健所でのことばの発達相談の担当をすることになりました。

立ち上げたばかりの相談事業で、そのシステムをどう構築していくか、対象者をどのような年齢や
疾病にしていくのか、連携先をどうするか・・・まだまだそんなことで頭が一杯になっていました。

そんなある日、あるお母さんから質問を受けました。

   「先生、テレビは子どもに見せてはいけないのですか?」
   「見せすぎはいけないでしょうね。特に小さい子どもさんには。目も悪くなるし
  、発達のための活動時間も奪われるし、
   親子のスキンシップの時間も少なくなれば、情緒にも影響します。」

   「テレビを見せると自閉症になるって言われました。」
   「えっ、誰がそんなことをいったのですか?」

   「自閉症は生まれながらの障害なのですよ。ただ、テレビは見せすぎないようにね。」

当時は自閉症が生まれながらの生物学的な特性であるという考えがやっと日本中、
廿浦浦(つづうらうら)まで広まったところで

親がテレビの見せすぎだなどと責められることがやっと無くなったころです。
そんなことをいう人は専門家としては失格であると思われるようになっていました。

子どもの障害のことを親や環境のせいだというのはとても危険な考えだと私も思い込んでいました。

勉強をしているはずの人がそんなことを言うなんて・・・
心の中のさざ波を隠して、私はそのお母さんに続けました。

   「いずれにしても3歳の子どもさんにはせいぜい30分の番組一つぐらいにして、
    子どもさんに関わる時間を少し増やしましょうね。」

ところが、その相談事業が軌道に乗るにつれ、
子どもたちの様子が以前とはずいぶん変わってきていることに気が付きました。

ことばの発達が遅れている子どもの数がとても増えていること
しかもその子どもたちが情緒的な問題や多動性、衝動性等、行動の問題も合併していること

身辺自立が遅れ、何も自分ではできない子どもがいる

視線が合わない、人と関わることが難しい等の社会性の問題を持つ子どもも多いこと

ある程度の年齢になって、発音や吃音での相談で他には問題が無い
と親はいっていても、とにかく落ち着きのない子どもたち


この数年間で、どうしてこんな変化が生じたのだろう、
子どもの発達の問題や特性が生まれながらのものだというのであれば
こんな大きな変化が一気に起こるわけがない

確かに親の子育て力が落ちているようにも思えるけれど、それだけではないはず、

そう思って私は相談に来られるお母さんたちに事細かに生活の様子を聞くようにしました。


それは驚きの連続、

  起きる時間、寝る時間、食事やおやつの時間が決まっていない
  どんなに子どもが疲れていても、夜、寝ないのが困るから昼寝はさせない
  のどが乾いたらいつでもジュースを飲ませている、麦茶や水は飲んでくれないから
  欲しがればお菓子を与え、そしてご飯を食べてくれないと嘆くお母さん
  逆におやつも与えず野菜ばかり食べさせようとしているお母さんも
  玩具はボタンを押せば音や光が出るものや、電車や車ばかり、
  しかも与えているだけで一緒に遊ぶことはない、
  一日中、テレビが付いている家、等々・・・


私はその子を取り巻く環境の中で一番発達の妨げと思われることについて
一つ一つ具体的に改善案をアドバイスをするようにしました。

生活習慣のこと、食事のこと、遊び方、声のかけ方、癇癪への対応、等等・・・

数か月空けての再相談で少しずつ状態が変わり、心配が少なくなる子どもさんもいましたが、
すっきりしない子どもさんはことばの訓練や療育訓練に導入しました。

そんなある日、とても不思議に思える子どもさんが相談に見えました。
2歳8か月、ニコニコしているのに急に叫ぶ、走り回る、そして無言語。

一見して、大きな障害があるようにも見えず、お母さんにいくら聞いても生活上、
大きな問題点はありません。
録画したアニメをずっと見せていること以外は・・・

以前、テレビで自閉症になるのかと質問されたことを思い出して、私は思わず、

   「画面を見せるのをゼロにしてみましょうか。」と言ってしまいました。

   「ゼロですか?」

私は極端なことを言ってしまったという気持ちもありましたが「できれば」と答えました。

私は、テレビを消すことで、お母さんが苦しい思いをすることなるかもしれないと思い、
通常は3~6か月後の再相談を1月後に予定しました。

            

                             ―   続   く  ―







どうしてテレビが悪いのか

kage

2018/07/24 (Tue)

リュウくんのこと、長文でしたが読んでいただけましたか?

私の臨床の流れみたいなのを一度書いてみようと思っていました。


実際に書いてみるといろいろなテーマが入り込んで何を言いたかったの?と思われた
かもしれません。

子どもさんとの関係づくり、保護者との関係づくり、
子どもさんの症状の診方、

治療の実際(コミュニケーションの治療、音声や構音の治療、情緒の問題への対応・・・)
保護者への指導等等・・・


でも、やっぱり一番言いたかったことは、テレビのことです。
というか、そもそもこのブログを始めたきっかけもここにあります。

小さいころの長時間視聴が、いかに子どもの発達を抑制し、ゆがめていくのか、
それをやめれば、劇的に子どもが変わる、ということ。

リュウくんの場合はテレビをやめたからってすぐに話せるようになったわけではありません。

しかし、訓練前の数か月間、お母さんがテレビ無しで頑張ってくださったおかげで
その後の訓練がスムーズに進み、大きな効果を得ることができたと思っています。


リュウくんの変化のことで、そんなにどんどん発達が進むはずがないと思われる方も
多いと思います。

まずは、下記のホームページにアクセスしてみませんか?
リュウくんとよく似た子どもたちの動画が提供されています。



Kids21子育て研究所






次回からはどうしてテレビ(電子メディア)視聴が小さい子どもさんに良くない影響を及ぼすのか
科学的なエヴィデンス(証拠)を示しながらお話したいと思います。








リュウくんのこと ( 完結編 )

kage

2018/07/03 (Tue)

最近は文章を練る暇がなく、思ったままに書いて、長文になっています。

さて今日は終わることができるかな?リュウくんの話。

3歳半になろうとする春、リュウくんは幼稚園に入園。
普通の幼稚園をご両親が選ばれたことに、私は驚きを隠しえなかったのですが、
リュウくんは意外と平気で、というよりも喜んで幼稚園に通い始めました。

今時、英語や体操の教室などもなく、行事ごとも派手ではない幼稚園はいつも定員割れらしく
他の園では入園を断られてしまうかもしれないリュウくんを快く受け入れて下さいました。

箸の使い方やらトイレットトレーニングといった身辺自立から、丁寧に指導してもらい、
激しかった偏食も先生方の導きで少しずつ改善しました。

歌やお遊戯も覚え、仲の良いお友だちの名前も教えてくれるようになりました。

1年経つ頃には小さくて弱々しかったリュウくんが、日焼けし、逞しくしっかりした体形になって、
まだ、年齢相応の長い文は表出できませんが、質問に答える形では十分な会話ができました。


もちろんなんでもスムーズというわけにはいきません。
対人恐怖を持つリュウくんは行事が苦手で、1年目は参観日や運動会、お遊戯会のたびに、
始まる前から、多くの人がいるというだけで、泣き出してしまいます。

私は、無理やり参加させないようにとアドバイスしました。

 「今から何が起ころうとしているのか、先生のことばだけでは理解できないのです。」

お母さんはリュウくんを抱き、会場の隅で見学させることにし、
年中さんになるころには月に一回の参観日はもう平気、席に座っていつも通りの様子をお母さんに
見せることができるようになり、10月の運動会へ向けての練習にも一生懸命取り組んでいるとの話、

それを聞いたおじいちゃんは大喜び、運動会に参加出来たら玩具を買ってあげるといったそうです。

(イヤイヤ、リュウくんはご褒美なんてなくても運動会に出たくてたまらないのですよ。)

私はお母さんに用意してもらった前年の運動会の写真をリュウくんに見せながら、

 「リュウくん、運動会出るの?」「ウンドウカイ、デル!」
 「でもさあ、こんなに人が来るんだよ。知らない人もいっぱいだよ。」「イッパイ・・・」

と言ってリュウくんは両手をグッと握りしめました。
(出たいけれど、ドキドキするんだよね・・・)

 「お母さん、練習が上手にできても、本番では先生が付いて下さるようお願いしてください。」

運動会当日、リュウくんは、先生に手を引かれて入場し、
始めの体操の時は泣きそうな顔でしばらく空を見上げ、その後は下を向いたまま、
でも定位置から離れることなく、かけっこは先生に抱っこされて参加、
ダンスの時も先生が一緒に動いてくれて、なんとか自分の場所に立っていることができました。

12月の発表会の時も、舞台の隅のカーテンに隠れた場所で顔を背けながらも
その場所から離れなかったそうです。   少し残念そうにするお母さんに私は
 
 「去年に比べたら大きな進歩でないですか?来年はきっと大丈夫。」

そして年長組になったリュウくん、
エコラリア(オウム返し)もほぼ消失、お友だちとの遊びのこと、お母さんが作る料理のこと、
お父さんとのお出かけのこと、いろいろ話してくれるようになりました。

いよいよ秋の運動会、
例によって写真を見ながら「リュウくん出るの?」「デルヨ」の会話の後、私は続けました。

 「人がいっぱいいるからね、出てもドキドキして何にもできないかもね。」「デキル!」
 「でも、前もできなかったし・・・」 と言いかけた時、リュウくん、思わず大きな声で
 「デキル~!」と叫んでしまいました。そして目にはいっぱいの涙、

でも、立ち上がることもせず、お母さんに助けを求めるわけでもなく、
歯を食いしばって私をにらみつけています。

リュウくん、私と喧嘩しているんだ!

自分の思いが何なのかさえもはっきりしない混沌の中にいたリュウくんとは大違い、
怯えたり叫んだりするだけで、何も伝えることができなかったリュウくんが・・・
3年の間にこんなに成長して、自分の決意を必死で伝えています。

運動会当日はどこにいるのかさえ分からないほどリュウくんは完璧に参加し、
終わったときの晴れ晴れとした表情を見てご両親もおじいちゃんも涙が止まらなかったそうです。

お遊戯会では年長さんは劇をしますが、王様の役に立候補し、セリフもちゃんと言えたそうです。


私のところの訓練が始まる前にリュウくんは重度の知的障害を伴う自閉症と
診断されていましたが、年長の春の知能検査では正常範囲と判定されていました。
ひらがなの読み書きや数の理解も進み、集団行動も立派に取れます。

しかし、例えばなぞなぞなどは苦手だし、ことばの裏の意味はまだ理解しにくいし、
先生の指示が長いと理解できないで他児の行動を見ながら動くということです。

そんなことも考慮してご両親は入学先として公立小学校の特別支援学級を選ばれました。
私は例によってノーコメントでしたが、内心はよい選択をされたなと思いました。

訓練最後の日はご両親が付き添って見えました。

 「リュウくん、学校楽しみ?」「ウン、タノシミ。ボクネ、イッパイベンキョウスル。」
 「そう、でも、勉強、いやって泣くかもね。」
 「ナカナイヨ、モウ、rainwoman センセイ、イジワル~」

私はご両親に今後のことを説明した後、お礼を言いました。

 「長いこと来ていただき、本当に感謝しています。」
 「いやっ、お礼を言うのは私どもの方で、先生、なんでそんなことをおっしゃるんですか?」

 「私は無理難題いっぱいお母さんに投げかけましたが、私のことを信じてくださいました。
  子どものために自分たちの生活を変えることはできないとおっしゃる方も多くて、
  最近、少しまいっていました。でもリュウくんとご両親のおかげで、
  自分の信念は間違っていなかったと、勇気を持って臨床に向かおうと
  新たなファイトがわいてきました。本当にありがとうございました。」


                                        ― 完 ―

リュウくんのこと ( 5 回 目 )

kage

2018/06/19 (Tue)

講演やらなにやらで気ぜわしくまた、記事の更新が途絶えていました。

さて、リュウくんの話の続きです。
ことばを発したいけれどなかなか音を作り出せないリュウくん。

私はカルテをめくり直し、

赤ちゃんだったリュウくんは、テレビの前でおとなしく過ごし、お母さんにとっては
育てやすい子だった、少なくともお母さんがリュウくんの喃語を意識するほど
声を出すことがなかったし、泣くことも笑うことも少なかった、
成長とともにお母さんに伝えたくても何も伝えられないで、癇癪や粗暴行為が始まった・・・

ということを確認し、リュウくんに喃語の時期を通りなおしてもらおうと考えました。

発達には、臨界期というものがあり、3歳を過ぎたリュウくんに1歳前の発達のポイントである
喃語を取り戻してあげられるのか、不安もありましたが、
日本語の音韻への意識が明確化する4歳より幼い段階ではこれしかないと思い、
ことばの練習とは切り離し、音遊びをしました。

私も、そしてお母さんもびっくりしたことにリュウくんは発声発語器官の運動はとても器用で、
いろいろな音をすぐにまねして出してくれました。

ことばとなると全くうまく発音できないのに・・・

私の口元にリュウくんの注意が行き過ぎないように、
動作を入れたり、物を使ったりしながら、楽しく、
でも、リュウくんが興奮しすぎないように穏やかに・・・

そして前々回書いた指差しの練習(実質、指差し+復唱)を並行して実施しました。

リュウくんは音遊びで舌打ちができると復唱の中でも[タ行音]が出だす、
咳払いができると[カ行音]が出だす、というように
獲得した音をことばの中で使えるようになっていきました。

太鼓は初めは『アーオ』それから『ターオ』そして『タアコ』ついに『タイコ』というように
徐々にことばの中でも上手にまねできる音が増えてきました。

これぞ私が狙っていたこと、幼い子はこの言葉はこう発音してなんて意識しないで
自然に聞いたことばが口から出てくるのです。

私は指差しの時はターゲットの音を意識させるような言い方はぜず、
あくまでも自然の高さ、自然の速さの声で「たいこ」とさらりと言い、彼の指差しを確認するだけで
彼が声を出そうが出すまいが無関心を装っています。

上手に言えても、もちろん私は「上手ね~」なんてほめことばは使いません。
それは発話に対する緊張を誘発するだけだからです。

もちろんお母さんもことばが上手に言えても褒めません。

そして訓練開始から半年、ほぼ、すべての音韻を正しく構音し、
絵本を指差しながら物の名前を自分で言うことができるようになりました。
会話も少しずつ成立するようになりました。

でもまだ、二語文がやっとといった感じです。エコラリア(いわゆるオウム返し)もあります。

そんなとき、ご両親は年少になるリュウくんのために普通の幼稚園を選ばれました。

 「えっ?療育センターの通園施設に行かれるのではないのですか?
  (確か療育センターの発達検査の時そう勧められたと聞いていた)」と心配する私に

お母さんは、

 「なんか違うと思ったんです。どうしてこの子はしゃべらないんですかと聞いたとき、
  自閉症だから仕方がないといわれました。生まれつきなんだからお母さんのせいではないと、
  今まで大変でしたねって同情までされて・・・でも・・・

  rainwoman先生はことばが出るように最善を尽くしますと言ってくださったし、
  私にはテレビを消して穏やかで規則正しい生活をと
  私がするべきことを明確にアドバイスしてくださいました。
  そして、リュウはここまで成長しました。

  私たちはrainwoman先生の考えに似た理念を持った園にリュウを通わせたいのです。」

(そっかー、私のせいかー、大丈夫かな?)

園や学校選びは、私は口出しをしないことにしています。
集団の中の子どもの様子は私には見えないし、
受け入れ先に私がいるわけでもないので、無責任にどこが良いなんて言えません。


聞けば、一学年20人未満で、英会話も体育教室も無いとのこと、
テレビも一切見せず子どもたちが穏やかであるということ・・・( いいかもね )

まだ対人恐怖があって、知らない人から声をかけられると思わず奇声が出てしまったり、
泣いてしまったりすることがあるリュウくんですが、園に見学に行ったときは
お母さんのお尻に隠れてはいたものの終始ニコニコしていたとのこと。

 「リュウくん、幼稚園行くの?」   「イクノ」
 「楽しみ?」    「タノシミ」
 「幼稚園で泣くかもねぇ?」    「ナクカモ??? ナカナイ!」

rainwomanの意地悪な質問にうっかりエコラリアになりそうでしたが、
ここはきっぱり泣かないと宣言したりゅうくんでした。


                             ― 続  く ー







リュウくんのこと ( 4回目 )

kage

2018/05/13 (Sun)

さて、重度の知的障害を伴う自閉症スペクトラムと診断されていたリュウくんですが、

お母さんが部屋の外に出ても落ち着いて座って遊んだり、
私が持っているものが欲しいときには私の顔を見ながら掌を差し出したり、
自分が触りたい玩具を指差しで教えてくれたり、

と、できることが増えていきました。

また、前回記事で書いたように、お母さんがことばを教えようとするのをやめて下さってからは
相手が言うのを、真似して声を出そうとするようになってきました。

「しまうま」は[マンマ―]
「うま」は「・マー」
「らいおん」は[アーオン]
「さる」は[ウー]

というように・・・


でも、なんか違う、幼い子の未熟な構音とは明らかに違う・・・・

そうです。

子音が無いのです。
リュウくんの発語には[m]以外の子音が無いのです。
母音も舌を後方に引いたような音で、自然の発達の中で出てくる構音とは明らかに異なります。

私たち言語聴覚士は、幼い子の未熟な構音には何の治療も施しません。
年齢とともに自然と構音は発達していくし、
幼すぎる子の構音の練習がいかにおおきな弊害があるものかを
私たちは誰よりも知っているからです。

口腔内の異常が無いのに、4歳ぐらいになっても上手に音を作れないとき
それは『機能性構音障害』と診断され、治療の対象となっていきます。

さて、リュウくんは
未熟構音ではなく、でも口腔内には何の異常もなく、
かといって機能性構音障害の訓練をする年齢でもなく
でも本人はことばを上手に言えるようになりたくて声を出す練習をしたがる
何とかしてあげたいな~


そんなある日、いつものファミレスでコーヒーを飲んでいるとき、ふと隣の席を見ると、
声を出す赤ちゃんに一生懸命お返事するおばあちゃん。

[ア~ア~] 「はあい、ばあばって呼んだの?」 赤ちゃんにっこり。
[ア~ア~] 「はあい」    [ア~ア~] 「はあい」

今度は赤ちゃん、ちょっとよだれを飛ばしながら[ブッブッブッー]
おばあちゃんも真似して「ブッブッブッー」
赤ちゃんは、とびっきりの笑顔を見せました。

これだこれだ、リュウくんには喃語(なんご)が無かったんだ!

喃語とはしゃべりだす前の赤ちゃんがいろいろな声を出しておしゃべりの練習をすることです。
それに大人が返事をすることでコミュニケーションの練習にもなります。

テレビの前に置かれたリュウくんは喃語を出すことも少なく、たまに出していたとしても
お母さんは気が付かなかったかもしれません。


それからしばらくは私はリュウくんと音遊びに興じました。

ティッシュペーパーを[ふーっ]と吹いたり、
ほっぺをぷうっと膨らませておいて両の手でポンと叩いて[ブッ]と音を出したり、
ベロを唇の上に出して左右に動かし[レロレロ]したり
[アー]と言いながら口を掌でたたいて音を途切れさせたり、

動物の鳴き声をまねたり、乗り物の音をまねたり、

お母さんにも時々見てもらい、家でも声をたくさん出しながら遊んでもらうようにお願いしました。
くれぐれもことばの練習をしているという意識を持たないように念を押しながら・・・


高くない声で、力みの入っていない声で・・・・自然に、自然に、
興奮させないように穏やかに・・・・

                                


   ―  続   く  ―









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。