FC2ブログ
2017 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. »  2017 03

なりたい自分になるということ・6

kage

2017/02/22 (Wed)

皆さん、こんにちは。

小学生になったK君のお話です。初めての方は是非、昨年9月8日付の記事から順に読んでください。

K君は親から遊んでもらった経験も少なく、保育園でもルールが守れないし、衝動的に粗暴な行為が
出てしまうので、同年齢の子どもたちと楽しく遊ぶのはとても困難でした。
1年前に私が担当になってからやっとすごろくやトランプなどルールに従って相手と競う遊びや、
ごっこ遊びの楽しさを知るようになったばかりでした。

私は再三、担任に他児が遊んでいる場面に上手に誘導してくださいとお願いしていましたが、
担任は「大人の力を借りず、自分から参加できる子になって欲しい」
と休み時間のK君を一人で放置しました。

「それができるのであれば、何も困らないんだよ~。」
「やれないことをやれるように上手に導くのが指導者の役割でしょう。」

しかし、私の心の叫びは担任の固まった信念を揺り動かすことができませんでした。

ある日、K君はお母さんの後ろに隠れるようにして、来院しました。
あいさつをして訓練室に導こうとするとお母さんが、
「あの~、3日ほど前のことなんですけれども・・」と話し始めました。

K君は私とお母さんの間に入って、「ママー、言わないで、言わないで、」と泣き出しました。
お母さんはそれに構わず、話し続けられました。

昼休みに一人で教室に残ってパトロールごっこをしていたそうです。教壇のあたりを自分の基地に
して、そこへ掃除の手伝いをしてくれる6年生の男の子が4人ほど入ってきて、K君はとっさに
「怪しいやつ、ここから出ていけ、さもなければ撃つぞ!」と両手で銃を構える真似をして・・・
それで「お前、バッカじゃねえの。」と言われてカッとなり、先生の机の上のハサミを取って、
「貴様、ぶっ殺してやる~」その6年生を追いかけまわしたとのことでした。

まあ、年齢差がありますから事なきを得ているのですが、担任は大きな問題と考えたようです。

物で相手を傷つけようとする行為はこの1年ほどは全くなかったのですが、

お母さんから話を聞いている間にK君は訓練室に入り、中から鍵をかけて、
隅でうずくまって泣いていました。

「K君ごめんね、先生、鍵持ってんだ。」と近くに行こうとすると
「先生、来ないで、来ないで、怖い、怖い・・・」と言って泣きました。
「先生、怒ってないよ。」と言っても「怒ってる、怒ってる・・・」と言ってまた泣きました。
「ねぇ、」と言いかけると、「怒らないで、怒らないで、先生の声、怖い怖い・・・」
「優しくいって、優しくいって・・・、怖い怖い・・・」(これ以上優しくはいえないな~)

今回は、15分経っても20分経っても、同じ調子です。全く私に話をさせてくれません。
とうとう30分が経過しました。次の子どもが来る時間が迫っています。

私は最後の手段に出ることにしました。

「うるさい!黙りなさい。」

私も、少し感情的になっていたのでしょう、自分が予定していたよりも
大きな声が出てしまいました。
「何があっても君のことが大好きだよと言いたいだけだよ。」と荒っぽい声で続けました。
K君はワアーッと泣いてそれから泣き止もうとしばらくしゃくりあげ、自分から椅子に座りました。

彼は蚊の鳴くような声で聞きました。「僕のこと、好きなの?」「 どんなことがあっても?」
私はうなづき続けました。

「今日は僕、帰るね。」
部屋から出て私はお母さんに謝り、お母さんも私に謝り、そして帰っていきました。


君は優しい人になりたいし、そして君は愛される人になりたいんだ。


それからは、私の前で取り乱すことはなく、自分から学校や家庭でのトラブルを報告し、
今度そんな場面に出くわしたらどうするかを2人で考えました。

2年生からは情緒学級という区分の特別支援学級に在籍し、今度は体格の良い男の先生でした。
この先生は、子どもたちに「こうなって欲しいという姿」を押し付けることなく、
「こうなりたいと思う自分の姿」を明確にしていくことを手助けしてくれる先生でした。

K君はみるみる落ち着き、発音の練習も進んで、そろそろ卒業かなと考え始めた頃でした。

教材を取ろうと席を立った私の背中にK君が言いました。
「rainwoman 先生って変だよね。」
私は後ろを向いたままで「何が?」と聞きました。

「大体、先生みたいな仕事の人、ほら、(他院の)児童精神科の先生達とか、療育センターで
検査をしてくれた先生とか、僕が何をやっても文句言わないよ。」 「で、私は?」
「口うるさいんだよ、扉はそっと閉めろとか、背中をまっすぐとか、ティシュは2枚までとか・・・」

「へぇ、悪かったわね、私は口うるさい人間です。はい。」といって、
彼の前の椅子に腰かけました。

「でもさ、これは何が何でも絶対叱られるなと思ったときに、絶対に叱らないんだよ。
僕にそれはだめだと一回も言ったことがないでしょ。一回も僕を叱ったことが無いんだよ。」

「一回、どなったことがあったけどね(笑)、でもK君を叱りたいと思ったことは
一回も無いかな。」

「やっぱり先生、変わってる・・・」

まもなくK君は定期の訓練を終了し、数か月に一回の経過観察を続けることになりました。


君のなりたい自分は人に優しい自分、君のなりたい自分は人から愛される自分。


そして君はもう十分にそうなりつつあるんだよ。

                                    ( 完 )






なりたい自分になるということ・5

kage

2017/02/05 (Sun)

何か月も前に書き始めた記事にやっと終わりが見えてきたと思っていた矢先、
ちょっとしたミスで、消えてしまい、また書き直しです。

AD/HDと診断され、反抗挑戦性障害に移行しようとしていたK君。
絶対叱らないで、一緒に遊ぶ楽しさを教えて、そして、具体的な場面に応じてなりたい自分の姿を
描かせて、何とか落ち着いて卒園式のシーズンを迎えることができました。

 「卒園式は出るの?」と聞いてみると「でるよ、練習もしているし。」とK君

 「でも本番はたくさんの人が来るよ。偉い人も来て、長い話もするし、退屈だと思うんだ。」
と、私は情報を与え、

 「大きい声を出したくなったらどうするの?」 「う~、あくびすることにする。」

 「なるほど、立ちたくなったら?」
 「前には行かないことにしようかな~。」

私は園の先生に電話をし、式の途中で動きたくなった時に行ってもよい場所を
決めておくようにお願いしました。

こうして卒園式本番は3回ほど背伸びをして大きなあくびをしたそうですが席を立つこともなく
無事終了することができました。

そして入学式もね!

しかし小学校にはまだまだ乗り越えなくてはならない壁が待ち受けていました。

まずは、担任の先生。
K君の特性を踏まえ、ベテランでとても評判の良い、指導力のある女の先生が配置されました。

しかし、その先生は、K君を何とかいい子にしようと必死で、ことあるごとに
K君に言い聞かせ、お母さんにもあれこれ注文を付けてこられました。

先生が正しい方向を示し、それに従わせるという方法は、
どんなに優しい声でも穏やかな態度でもK君には大きなストレスです。

K君はイライラし始めていましたが、彼なりに自分をコントロールしようと努力していました。

そして4月も終わろうとしている日に事件は起きました。

保育園から大好きだったモモちゃんは隣のクラスです。
休み時間にちょっと様子を見に行ってみたら
ほかの男の子がモモちゃんと話しているではありませんか。
カッとなって、その子を思いっきり突き飛ばしたというのです。

小学校ではいい子だと思われたかったのに・・・早くもなりたい自分像が崩れてしまいました。

その後は大パニックで、担任が話そうとしても治まらず、母親に迎えに来てもらったそうです。

その日はちょうど訓練の日で、あらかじめ担任から連絡をもらったので、
私は覚悟を決めることができました。
一年かけて築き上げた私とK君の信頼関係は少々のことでは崩れないという自信がありました。

K君は案の上、大声を張り上げながら訓練室に突入し、さっそく物を投げようとしました。
私は彼の両手首をしっかり掴み、静かに「投げないで。」といいました。

以前は物を投げても決して止めることがなかった私から制止され、K君は一瞬びっくりした顔をし、その後は、

 「バカ~」,「ハナセ~」,「クソババア~」,「死ね~」 等等、

と大声で叫びながら、手を振り解こうと身をくねらせたり、
私のスネをしこたま蹴り続けたりしました。

 「ねえ聞いて・・・」と話そうとしても

 「うっせぇ、ぶっ殺すぞ!」

と私の手に噛みつこうとしたり、でも私は絶対離さないと決めていました。

15分ほどもみ合っていたでしょうか、二人とも汗だくになり、ちょっと彼が静かになったところで
私は切り出しました。

 「君が優しい子だってことは知ってるよ。」・・・・反論はありません。続けることにしました。
 「隣のクラスの子にけがをさせたかもしれないと思ったら耐えられないんでしょ。」

K君はかすかにうなづきました。

 「本当に君は気持ちの優しい子だ。」

と私は言いながらK君の手を放し、椅子に座らせました。

しばらくの沈黙の後、K君は「先生、今日は帰るよ。」と穏やかに言いました。
 「そっか~、じゃあ来週は訓練頑張ろう。」

私は訓練室から出て、お母さんに謝りました。
 「ずっと握っていたので手首が真っ赤です。申し訳ありません。訓練もできませんでした。」

お母さんも平身低頭、
 「あのバカが、先生にいつも迷惑かけて・・・」
以前よりはずっとお母さんらしい姿で、何か暖かいものがふわっと
私の中に入ってきたような気がしました。

K君は何もなかったような顔をして訓練室から出てきて、

 「先生、来週はがんばっからね~、バイバーイ。」といって帰っていきました。

彼を送り出した後、急に足に痛みを感じ、見てみると私のスネはうっ血し、
数日間は腫れが引きませんでしたが、彼のこれまでの心の痛みに比べればなんてことはありません。

君は優しい人になりたいんだ、優しい人と思われている人になりたいんだね。

ずっと応援するよ。  決心を新たにした一日でした。


                      続く・・・次は完結の予定・・・