FC2ブログ
2019 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 05

どうしてテレビを見せないでというようになったのか 5

kage

2019/04/02 (Tue)

相変わらず、長い話になっていますが、どうしても書いておきたいことなので続けます。

ひとつ書き忘れていたのですが、勉強しているうちに分かったことがあったんです。

ある日の研修会、テレビのことで質問しただけでどうしてあんなに感情的に止められて
しまったのか、どうしてマイクを取り上げられるということにまでなったのか。

自閉症は生まれながらというバイブルを大切にしてきた児童精神科、そこへ小児科医の中で
テレビが自閉症の原因となりうるという人たちが出てきて(例えば、片岡直樹先生)、
大論争になっていたのです。

それぞれの学会でも壮絶な論戦が繰り広げられ、
そのときのことがトラウマになっているとおっしゃる先生もおられるほどです。

そんなこととはつゆ知らず、まさに児童精神科医の前で
『テレビ』という言葉を発してしまった私。。。

私もその時のことが少しばかりトラウマになり(というより、児童精神科と付き合わないことには
仕事がやりづらいので)対外的にはあまり『テレビ』という言葉は使わず、

また、自閉症の生まれながらの特性に合わせた環境調整や学習方法を提示するというのが
当時の療育の中心的考え方だったと思うので(例えばTEACCH Program)、
治療の仕方によってはかなり自閉性の低減が図れるのでは(診断基準から外れる子もいるはず)
という私の考えもほぼ、外には出さず、となっていたわけです。


それが、前回ご紹介した2011年のNATUREの論文によって、
私を覆っていた半透明の膜のようなものに風穴が開きました。

『Autism counts(自閉症の数)』というタイトルには、

  『診断基準の変更や認知されることが多くなったということだけでは自閉症増加の
   説明にはならない。科学者たちはその他の理由を探すことに苦心している。』

というコメントが付いていました。

米国疾病予防管理センター(CDC)によると自閉症と診断される子どもの数は21世紀の初めの
10年で爆発的に増えた( sky rocket という単語で表現されていました。)とのこと。

著者は20世紀からの自閉症に関する研究を洗い直し、その数を経時的に示す(図1)とともに、
その増加の原因を洗い直してみました(図2)。

図1の左端、1975年には5000人に一人とされた自閉症児の数が、2009年には110人に一人と
なっています。まさにsky rocketです。(その後の調査でも伸び続けている!)


・・NATURE縺ョ蝗ウ_convert_20190402120308(縮小)


どうしてそんなに増加しているのか、Bearmanという社会学者がカルフォルニア州の
500万人の出生の記録と州の発達支援部門が把握している2万人のデータを用いて
分析したことを紹介しています。

図2を見てみると、25%は診断基準の変更によるもの、
社会性の発達の問題を持ちながらも昔は知的障害のみ診断されていた人たちが今は、
自閉症と診断されるようになった、

15%は自閉症という言葉が世の中に浸透して、自閉症だと認知されることが増えた・・・

フムフム、ここまではかつて研修会などで、私の質問に講師が答えてくれた通り、
10%は親の高齢化によるもの、
でも、でも、な~んと48%は理由がわからないというのです。


2NATURE縺ョ蝗ウ_convert_20190402120414(縮小)


この部分はどう考えても時代とともに自閉症が増えている、その時代背景にある
環境的要因によって増えているとしか考えられないとのことです。

この研究の中では48%が何によるものかまでは明白にされませんでした。
しかし、自閉症が生まれながらか否かで論争するのはもう不毛で、こんなに急激に
増えているのだから原因解明を早急にし、対策を立てるべきだとの結論でした。


まって、Spatial clustering (特殊な集積)とされた、4%は何?

Bearmanによると一部の地域で発生率が異常に高かった、
かのハリウッドで、他の地域の発生率の4倍にも達したというのです。
1959年の事故(サンタスザンナの放射能汚染)の影響などを考える人もいたようですが、
水道水は隣のロスアンジェルスと共有しており水質汚染による発生率の上昇はないもの
とされました。


<ここからは私の考え>

時代とともに子どもたちの環境の中に入り込んだもの、
そして、ハリウッドで他の地域よりも多く入り込んでいるもの、

そこに謎を解く重大な鍵が隠されているような気がする、、、

そうです。ハリウッドと言えば、映画の製作会社やテレビ局がひしめく映像のメッカなのです。
多くの住人がそのようなところで働いています。

もしかしたら自宅でも、長い時間、映像を見るかもしれない、
あるいは、そのような仕事をしている人たちは、子どもたちが長時間視聴することに
抵抗が無いかもしれない・・・


私の中にずっとくすぶっていた2つのテーマ

テレビをはじめとするメディア視聴の子どもたちへの影響
自閉症の発症原因(あるいは増加の理由)

が、一気に一つのものとして私の中で繋がって見えてきたました。

そして、周りの(専門家たちの)目を気にしないで発信をしていかなければという使命感
みたいなものもふつふつと湧いてきました。

( まだ続きます、、、 )