FC2ブログ
2020 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29. »  2020 03

どうしてテレビを見せないでというようになったのか(その2)

kage

2018/10/18 (Thu)

前回からの続きです。

20年も前の話、

ことばの相談に見えた不思議な2歳8か月の男の子、
ニコニコしていて一見何の問題も見当たらないのに、突然高い声で叫ぶ、走り回る、
そして、無言語

私は、お母さんに思わず 「テレビをゼロにしてみましょうか。」 といったものの、
次の相談までの1カ月間、お母さん大丈夫かな、大変な思いをしていないかな、
それともやっぱり見せちゃったかな、と、ずっと気になっていました。

果たして1カ月後の再相談の日、
親子はニコニコして部屋に入ってこられました。

  「先生、しゃべりだしました。テレビをやめたら途端に。パパ、ママ、ネエネとか。
   チョウダイとかバイバイもいうし、絵本を見ながらワンワンとかニャーとかいいます。」

私はそうなるだろうとは思っていたもののやっぱりびっくりしていて、
   
  「そう、それはよかった。でもテレビをつけないで生活をするのは大変ではなかったですか?」

と尋ねました。

  「はじめの日はリモコンを持ってきたり、テレビの前でウロウロしたりしていましたが、
   リモコンを隠して、3日目ぐらいからはテレビのことはすっかり忘れた様でした。」

  「それはよかった。」

  「それから、叫んだり、走り回ったりもピッタリなくなりました。 マンションなので下の階の
   方に迷惑かと思って静かにさせるためにテレビを見せていたのですが、逆効果でした。」

私がお母さんとお話している間も落ち着いて担当の保健師とおままごとで遊んでいました。
お皿にリンゴをのせて 『ドウゾ』 とかいいながら・・・

私はお母さんに無理難題を押し付けてしまったのではないかと心配していたので、
お母さんの話にホッと胸をなでおろしましたが、それと同時にテレビが子どもにこんなに
悪さをしていたのだと思い知らされました。

3回目の相談はその3カ月後、ちょうど3歳、2~3語文で話すようになっていました。
診察にもしっかり応じてくれて口腔内や聞こえにも問題が無いことを確認しました。

お母さんは、子育てが本当に楽しいとますますニコニコされていました。

そして、4回目は3歳と6カ月のとき、テレビの視聴はないままです。
言語発達は、ほぼ正常範囲、理解語彙も十分です。
発信と受信のバランス、語用、発声や構音、注意維持力にも異常が無いことを確認し、
この子の相談を終了しました。

その後も、これはと思われるお子さんにはテレビの視聴についてのアドバイスを
するようにしました。そしてその効果の大きさに改めて驚かされました。

そんな時、米国小児科学会より衝撃の提言(1999年10月)がなされました。

2歳までの子どもにはテレビを見せるなというものです。

やっと見つけました。お母さんたちに説明するための根拠を。
まだ、しっかりとした科学的な証拠に基づいてというほどのものではなかったのですが、
テレビがよくないというのが私や一握りの人間の勝手な考えではないといえるようになったのです。

(米国小児学会ホームページ: 10年以上経過した記事は削除されていますので、
 2011年11月の POLICY STATEMENNT でご確認ください。


それから4年以上も経っていましたが、2004年には日本小児科医会も
子どもとメディアの問題に対する提言を出しました。

日本小児科医会ホームページ


                             ― 続  く ―


この記事へのコメント

kage

同じです!

前回のコメントに暖かなお言葉を頂きありがとうございます。
テレビや音楽が多すぎる環境にまだ幼い娘を置いてしまったこと、その後悔は消せませんが、それでもrainwomanさんや片岡先生、浅野先生たち、世間の風潮に抗って子供を救うために発信し続けて下さっている方々のお陰で娘の人生は救われました。
自分一人では決してテレビの影響に気づかず、今頃娘は強い症状のままか、むしろもっと重い状態になっていたと思い恐ろしいです。

私もこちらの記事のお母さんと一緒でテレビを全く見せなくなってから、娘に人への愛着が芽生え、表情が子供らしくキラキラして、手を繋いで歩けるようになり、落ち着いていて聞き分けも良いし、かえってとても育てやすくなり子育てが楽しく娘がより可愛く思え幸せな毎日です。

大変な乳幼児の子育て中に、テレビに頼ったっていいじゃない、自閉症状は生まれつきだから親の育て方は関係ないという言葉は、本当に苦しむ子供を救うために親ができることを知るチャンスを奪ってしまっていると思います。
症状が出始めている子の親ほどテレビに頼らざるを得なくなっていたり、子供自身も普通以上に依存してしまっているケースが少なくないとも思えます。
うちもそうでした…。

これからのブログ記事もとても楽しみにしております!

アメリカの提言や小児科学会の提唱よりずっと早い段階から、rainwoman さんがテレビの影響に気づき、お子さんたち親御さんたちを救っておられたことに大変感動致しております。

Posted at 20:12:26 2018/10/18 by サイ

この記事へのコメント

kage

サイさんへ:  Re: 同じです!

サイさん、コメントありがとうございます。

テレビを消す、たったこれだけのことですけれど、日々の生活の中で、なかなか実践は難しく
また、周りの人から非難めいたことを言われたりすると苦しさも何倍にも増すと思いますが、
私が治療した何百人(それ以上?)の人たちでほとんど例外なくいい結果が出ています。

また、残念ながら、信じてもらえなかったり、実践が続かなかった子どもたちにはやはり
予想通りの結果が出ています。

どうか、気長に頑張ってください。今はまだ少し症状が残っていたとしても後に成長する
脳の部位があり、そこが苦手なことを上手にカバーしてくれます。

サイさんが子育ての中で幸せを感じられている様子が目に浮かび、私もうれしいです。


実践をされている方からのコメントは何よりも励みになります。本当にありがとうございます。

Posted at 20:56:45 2018/10/20 by rainwoman

この記事へのコメント

kage

rainwomanさん こんにちは。

私は、昔ながらの生活や自然育児に興味がもともとあったので、テレビはあまり見せたくない…ともともと思っていました。何らかの影響もあるのだろう、くらいには思っていましたが。


rainwomanさんのお話も読ませていただいて、また、現代の子どもにまつわる本やネット情報を見て、メディアの接し方は本当に難しい、とも感じています。


ですが、以前にお話しした(覚えていらっしゃるかわかりませんが)一時、居候させてもらっていた親戚の子どもは、保育所(9~15時程度まで)に行っている以外は、家では大型テレビが付きっぱなしでした。その子は本当になんの影響も受けていなそうなのです。

以前にコメントした際にrainwomanさんにも、遺伝的な要素も大きいが、何らかの影響はでているはず、との返事をいただいたんですが、現在小4女子ですが、本当に良い子に育っているように見えます。素人判断ですが…よく泊まりに来るので、表面だけ見ているわけではないと思います。


確かに遺伝的要素がかなり関係しているのだと、はっきり思いました。
その子は夜お母さんと寝る時も、テレビをつけっぱなしらしいのですが、十分に睡眠もとれているようで(すぐに寝付くらしい)、うちの娘(年長)が同じ状況だと、テレビが気になって全く寝てくれません。これは祖父母の部屋に泊まりに行くときにこういう状況になるので、娘が行くときにはテレビを消してもらうように頼みますが、親戚の子どもはやはり平気で寝ています。


HSCという感じやすい子がいるといいますが、そのようなタイプの子が、メディアの影響を大きく受けるのでしょうか?逆に、全く影響を受けない子もいるのだと思います(少数だと思いますが)。今の世の中の主流派は、そのような”感じにくい”タイプで作られているような気がします。自分が大丈夫だから他人も大丈夫でしょって声を大きく上げるタイプが。感じやすいタイプは、声も小さいのですよね…自分もそうですが。


rainwomanさんのお話、本当にみんなに広まっていってほしいと心から思います。
だけど、少数でも全く影響ないタイプの人もいて、その人たちは(たぶん)声が大きいから、その人たちにも理解されやすいように、「影響が強く出る人もいるし、少数だけど全く影響が出ない人もいる。自分が、またはうちの子が大丈夫でも、よその人は違うかもしれないんだよ!」ということを合わせて伝えていってもらいたいなあと思いました。

Posted at 01:29:14 2018/10/22 by ボニービー

この記事へのコメント

kage

ボニービーさんへ

ボニービーさん、いつもありがとうございます。

ボニービーさんのお話はよく覚えていましたが、念のためもう一度読み返してみました。

以前お話したように、いろいろなものの人体に及ぼす影響は疫学的に考える必要があります。
例えば、いかにヘビースモーカーであっても長生きしている方もおられるし、若くして肺がんになられる
方もおられます。しかし、疫学的には煙草を吸われる方の方が圧倒的に肺がんのリスクが高いわけですから
煙草はよくないという話になるわけです。

そして遺伝学的にも考えて、肺がんになりやすい体質の方の方がそのリスクはより高くなります。
そして若年層の方がよりリスクが高く、だから未成年者の喫煙は禁じられているのです。


どのような子がリスクが高いか、これは難しい問題です。
多くの遺伝子が関わっていると思われます。ご自分の子がテレビを見て何か落ち着かないと思えば、
少なめにしておくのが無難です。

それから日本小児科学会が提唱するように2歳未満では見せない方が、後の影響が少ないと思います。

HSCとメディアへの感受性はまた別次元で考えた方がよいと思っています(これも言いたいことが山ほど
ありますが)。

いずれにせよ科学的に物事を考えている専門家、あるいは研究者たちはすでにメディアの子どもたちへの
悪影響を訴えていますが、世の中の主流はメディアでコントロールされていますから、なかなか
それが届きません。

以前の記事のリュウくんのお母様も知らなかったから苦しまれたのです。そしてリュウくんも。


疫学的に、そして遺伝学的に影響が出やすい人と出にくい人がいるのは確かです。
その辺の論文等、またご紹介していきたいと思います。

Posted at 10:37:57 2018/10/23 by rainwoman

この記事へのコメント

kage

小学生への対応はどうですか

はじめまして。
現在8歳4歳0歳の娘の子育て中の母親です。
3人目と言っても、私も毎日子育ては手探り、と言うより実験⁈
テレビや紙おむつにどっぷり頼っていた頃もありましたが、今はほとんどテレビや紙おむつには頼らず何とかやっています。
でも不思議と子どもは穏やかで、むしろ子育てがラクになったような…

数年前にこちらのブログに出会い、似たような仕事をしている(現在は育休中)こともあり、大変興味深く、楽しく読ませて頂いています。

去年、長女が小学校に入学し、初めての参観日。
45分の授業の間にトイレに行く子が多いこと!

その数は授業参観の間だけで5〜6人。
私たちの住む町は1年生には必ず副担任が配置されていて、参観日の時にももちろん副担任が教室の中を巡回してくれているのですが、あまりにもトイレに行く子が多く、ほぼトイレに行く子の相手をして副担任の仕事は終わってしまっている状況でした。
ビックリして家に帰ってきて娘に、「休み時間にトイレに行くよね?」と。
もちろん娘の答えはイエス。
トイレ列車になり、全員でトイレに行くこと。
だから娘は授業中にトイレに行ったことはない、とも教えてくれました。

さらに今年は2年生。
娘から聞く学校の様子は結構ひどいもの。
授業中にお隣同士でずっとお話しているお友達がいて机と机を離されたとか、授業中にお隣同士でずっと喧嘩しているお友達は2人とも机を黒板の前まで持っていかれ先生の隣で授業を受けたとか、もっとひどい子は廊下に出されたとか、今日は誰かが誰かを押したとか蹴ったとか殴ったとか…毎日そんな話ばかり。
そんな落ち着きがないお子さんはクラスに何人もいる印象もあります。

私も仕事で発達に偏りのあるお子さんと関わりがありますので、もちろん色々なお子さんがいらっしゃることは承知しているつもりです。
そうではなく、小学生も、全体的に落ち着きのないお子さんが増えているのではないかと思えて仕方がありません。

原因はやはり、テレビ、ゲーム、スマホ、タブレット、音の出るおもちゃ?
親中心の、子どもには酷な生活リズム?
おやつやジュースばかりの乱れた食生活?
紙おむつやおしゃぶり?
コミュニケーション不足や愛着障がい?

rainwoman先生も、須賀義一先生も、浅野幸恵先生も、乳幼児期はテレビを見せるなと書かれていますが、小学生への対応はどう思われますか?
脳の敏感期ではない小学生は今さらテレビを消しても変わらないのでしょうか?
小学生の事例がもしあれば教えていただけると嬉しいです。

お仕事をしながら、またブログで文面にしながら伝える作業はかなりの労力だとお察ししますが、楽しみに更新待っています。

P.S.サイさんのコメントにもドキっとさせられました。
私は、子育てが苦しそうなお母さんに「少しくらいテレビに頼っても大丈夫だよ!」って、お母さんをラクにしてあげるつもりで言ってしまったことがあるなぁ…

Posted at 22:54:22 2018/10/27 by みんたま

この記事へのコメント

kage

みんたまさんへ  Re: 小学生への対応はどうですか

こんにちは。みんたまさん、初めまして。

子どもさんに関わる仕事をされているのですか?
嬉しいです、近い分野の方が読んでくださっていると思うと元気が湧いてきます。

日々、臨床は楽しく、生きがいに思うのですが、子どもたちを取り巻く環境は
厳しくなるばかりで、保育士や教師、あるいは療育関係者まで何が子どもたちにとって
良いことなのかが見失われてきているような気がします。

それからそれらの人たちの周りの状況も厳しいですよね。
例えば、娘さんのクラス、先生がトイレは休憩時間だけだよなんて言ったら
子どもたちへの人権侵害だとか、パワハラだとか、とにかくいろいろクレームが来そう。

私のところの子どもたちもせっかく落ち着いて入学させたのに学校の中で崩れる例も少なく
ありません。

メディアの影響は小学生でも中学生でも大人でもあります。
ただ、2歳未満に多く見ている子は、社会的能力に大きな影響を受けていることが多く、
なかなか後からの回復は難しいと感じています。

大きくなってからのメディアへの接しすぎは主に注意力などに影響しているように思われます。
また高齢者では認知症の引き金になるということも言われています。

視聴をやめるとかなりの改善がみられると思います。

小学生では暴力的な言動の見本となることも考えられます。
学校で時間や内容について指導してくださると随分違うと思うのですが。
先生方もメディア依存の方が多いようで・・・


使命感が感じつつも、馬力に欠ける私ですが、皆さんに勇気をいただきながら頑張っていきます。

Posted at 16:10:49 2018/10/28 by rainwoman

この記事へのコメント

kage

rainwomanさん お忙しい中早いお返事をいただきありがとうございます!


「疫学的」という意味もよくわからずにコメントしておりますすみません(^_^;)HSCの感受性ともまた違うものなのですね。やっぱりrainwomanさんや、現場で働いておられる方はすごいですね…私は感覚的にしかわかりませんので、わかりにくいコメントかと思いますが、お付き合いいただいてありがとうございます。

私の今の環境にいると、テレビなどを見ないことがばかげているかのように思えることもあって、自信がなくなるような時もあります。なので、rainwomanさんのまたこれからの記事、さらに楽しみにしています!

周囲の人に、私の感覚ではなく、実際にこういうことが研究され言われているんだ、と客観的に伝えられるようにになりたいと思います。

Posted at 12:07:38 2018/10/29 by ボニービー

この記事へのコメント

kage

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Posted at 10:16:57 2019/01/09 by

この記事へのコメント

kage

ボニービーさんへ

ボニービーさん、いつもコメントありがとうございます。今回はまたまたお返事するのが大変遅くなりました。
さて、皆さんに分かりやすく伝えたいと思って始めたブログですが、やっぱり日頃自分が使い慣れたことばが
自分のいいたいことをすっきり表現してくれるので、ついつい読み手の方の受け取り方を察するのが不十分ですね。
疫学というのは人々の主に健康に関するようなことを実験的ではなく広く統計学的に調べるということです。

少し、生活がせわしくなるとこのブログも湿りがちです。
そもそもSNSが好きではない私が挑戦しいるのだから仕方がないのかもしれませんが、
でもボニービーさんのように応援してくださる方がいるのを励みにまた、書きますね。

Posted at 10:01:34 2019/01/18 by rainwoman

この記事へのコメント

kage

鍵付きコメントさんへ

はじめまして。
私のブログにご訪問、そしてコメントをいただきありがとうごさいます。

子どもさんはまだ随分お小さいですよね。この段階で手に負えないとなるとこれからますます大変です。
とにかくテレビをはじめとする映像やその他、音や光が出るおもちゃなどすべてを断ち切ることが先決です。
そしてその間、お母さんも子どもの前でスマホを触るのを我慢してください。

一週間、頑張ると違いが判ると思います。

おもちゃで子どもが勝手に遊ぶのではなく一緒に遊んでその楽しさを体験させていかなければなりません。
ましてやこの年齢の子が一つのもので集中して遊ぶのは不可能です。

ご家族とも話し合い、とにかく初めてみてください。
ブログの中で紹介した、片岡先生のホームページをご家族で見てみるのもいいと思います。

rainwoman は,残念ながら遠く離れたところで臨床をしております。とても通ってこられるような距離ではございません。

本当はお会いして、お母様の気持ちに寄り添いながら少しずつ助言したいところではありますが、
お困りを解決するために少し厳しいアドバイスとなりました。

でも、お母さんが子どもさんのことを可愛いとおっしゃるのが救いです。
子育ては大変ではありますが人生で一番幸せを運んでくれるものでもあります。

頑張ってください。

Posted at 10:44:46 2019/01/18 by rainwoman

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック