FC2ブログ
2020 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29. »  2020 03

どうしてテレビを見せないでというようになったのか 5

kage

2019/04/02 (Tue)

相変わらず、長い話になっていますが、どうしても書いておきたいことなので続けます。

ひとつ書き忘れていたのですが、勉強しているうちに分かったことがあったんです。

ある日の研修会、テレビのことで質問しただけでどうしてあんなに感情的に止められて
しまったのか、どうしてマイクを取り上げられるということにまでなったのか。

自閉症は生まれながらというバイブルを大切にしてきた児童精神科、そこへ小児科医の中で
テレビが自閉症の原因となりうるという人たちが出てきて(例えば、片岡直樹先生)、
大論争になっていたのです。

それぞれの学会でも壮絶な論戦が繰り広げられ、
そのときのことがトラウマになっているとおっしゃる先生もおられるほどです。

そんなこととはつゆ知らず、まさに児童精神科医の前で
『テレビ』という言葉を発してしまった私。。。

私もその時のことが少しばかりトラウマになり(というより、児童精神科と付き合わないことには
仕事がやりづらいので)対外的にはあまり『テレビ』という言葉は使わず、

また、自閉症の生まれながらの特性に合わせた環境調整や学習方法を提示するというのが
当時の療育の中心的考え方だったと思うので(例えばTEACCH Program)、
治療の仕方によってはかなり自閉性の低減が図れるのでは(診断基準から外れる子もいるはず)
という私の考えもほぼ、外には出さず、となっていたわけです。


それが、前回ご紹介した2011年のNATUREの論文によって、
私を覆っていた半透明の膜のようなものに風穴が開きました。

『Autism counts(自閉症の数)』というタイトルには、

  『診断基準の変更や認知されることが多くなったということだけでは自閉症増加の
   説明にはならない。科学者たちはその他の理由を探すことに苦心している。』

というコメントが付いていました。

米国疾病予防管理センター(CDC)によると自閉症と診断される子どもの数は21世紀の初めの
10年で爆発的に増えた( sky rocket という単語で表現されていました。)とのこと。

著者は20世紀からの自閉症に関する研究を洗い直し、その数を経時的に示す(図1)とともに、
その増加の原因を洗い直してみました(図2)。

図1の左端、1975年には5000人に一人とされた自閉症児の数が、2009年には110人に一人と
なっています。まさにsky rocketです。(その後の調査でも伸び続けている!)


・・NATURE縺ョ蝗ウ_convert_20190402120308(縮小)


どうしてそんなに増加しているのか、Bearmanという社会学者がカルフォルニア州の
500万人の出生の記録と州の発達支援部門が把握している2万人のデータを用いて
分析したことを紹介しています。

図2を見てみると、25%は診断基準の変更によるもの、
社会性の発達の問題を持ちながらも昔は知的障害のみ診断されていた人たちが今は、
自閉症と診断されるようになった、

15%は自閉症という言葉が世の中に浸透して、自閉症だと認知されることが増えた・・・

フムフム、ここまではかつて研修会などで、私の質問に講師が答えてくれた通り、
10%は親の高齢化によるもの、
でも、でも、な~んと48%は理由がわからないというのです。


2NATURE縺ョ蝗ウ_convert_20190402120414(縮小)


この部分はどう考えても時代とともに自閉症が増えている、その時代背景にある
環境的要因によって増えているとしか考えられないとのことです。

この研究の中では48%が何によるものかまでは明白にされませんでした。
しかし、自閉症が生まれながらか否かで論争するのはもう不毛で、こんなに急激に
増えているのだから原因解明を早急にし、対策を立てるべきだとの結論でした。


まって、Spatial clustering (特殊な集積)とされた、4%は何?

Bearmanによると一部の地域で発生率が異常に高かった、
かのハリウッドで、他の地域の発生率の4倍にも達したというのです。
1959年の事故(サンタスザンナの放射能汚染)の影響などを考える人もいたようですが、
水道水は隣のロスアンジェルスと共有しており水質汚染による発生率の上昇はないもの
とされました。


<ここからは私の考え>

時代とともに子どもたちの環境の中に入り込んだもの、
そして、ハリウッドで他の地域よりも多く入り込んでいるもの、

そこに謎を解く重大な鍵が隠されているような気がする、、、

そうです。ハリウッドと言えば、映画の製作会社やテレビ局がひしめく映像のメッカなのです。
多くの住人がそのようなところで働いています。

もしかしたら自宅でも、長い時間、映像を見るかもしれない、
あるいは、そのような仕事をしている人たちは、子どもたちが長時間視聴することに
抵抗が無いかもしれない・・・


私の中にずっとくすぶっていた2つのテーマ

テレビをはじめとするメディア視聴の子どもたちへの影響
自閉症の発症原因(あるいは増加の理由)

が、一気に一つのものとして私の中で繋がって見えてきたました。

そして、周りの(専門家たちの)目を気にしないで発信をしていかなければという使命感
みたいなものもふつふつと湧いてきました。

( まだ続きます、、、 )




この記事へのコメント

kage

こんにちは(^O^)/

更新ありがとうございます。まだ導入部なのかもしれませんが、ハリウッドでの増加、というのはかなり信憑性が高いですね。

しかし、学会での過去の論議のお話、まだ解明されてない研究に関して、「無関係」との決めつけが行われていることは、ちょっと怖いです。どんな研究であれ、疑問を差し挟めない状況であれば、変な方向へ行く可能性高い気がします。

続きを楽しみにしております。

Posted at 11:51:58 2019/04/06 by yuccalina

この記事へのコメント

kage

yuccalina さんへ

yuccalinaさん、こんにちは。

ハリウッドだけではなく、シリコンバレーでも高いという情報を目にしたことがあります。
また、この論文の書かれたころ、韓国のある都市でも非常に高い発声率が確認されたのですが、
韓国はIT化が急速に進められていた時期でもあります。

それぞれの情報には、メディアとの因果関係は添えられていませんが、気になるところです。

児童精神科の先生たちにしてみれば自閉症児の親たちが攻撃されるのを守るという正義感から、
必死に戦っておられたのだとは思いますが、生まれながらを強調するがあまり、子どもたちが
粗悪な環境にあっても関係ないという風潮を生みだしたと思います。

結果、多くの不思議な子どもたちが出現し、発達障害と診断され、多額の医療費や福祉予算を食うことになります。

そして、そのうちに本当に医療や福祉サービスを必要とする人々にも行き届かない時代が来るのではと
危惧しています。

Posted at 15:30:35 2019/04/07 by rainwoman

この記事へのコメント

kage

始めまして

私のブログの訪問者を、久しぶりに見ましたら、あなたさまが入っていましたので読ませていただきました。そうしてとても嬉しく思いました。
リンク欄に入れられるといいのですがうまくいきますか?
私のブログを読んでいただいて、感想など聞かせていただけると嬉しいです。
私は老人なので、少しでも早く、お母さん方に伝えたいと心より望んでいます。
そうしなければ日本が滅んでしまうのではないかというくらい心配をしていますが。杞憂でしょうか?
世の中が本当にギスギスしてきています。こんなに経済的に豊かな日本なのに・・

Posted at 14:15:49 2019/04/11 by なかさっちー

この記事へのコメント

kage

なかさっちーさんへ: Re: 始めまして

なかさっちーさん

初めましてではなく、以前、訪問させていただいたり、コメントをいただいたりしていた
rainwomanです。

長いことご無沙汰しておりました。
久しぶりにブログを拝見し、相変わらずお元気でご活躍の様子、
大変うれしかったです。

先生がご意見の根拠とされている考えについて、出典等の情報を教えていただければ
更にありがたいと思いました。

私の方からリンクは一切しておりません。
申し訳ないです。

リンク先の方が書かれている記事についてすべて目を通すことができないので
私の性分からいって無理なのです。せっかくなのですがごめんなさい。

でも先生のことは記事の中でもご紹介してますよ。もう、随分前のことではありますが・・・

お体に気を付けられて子どもたちのために書き続けてくださいね。

Posted at 18:44:58 2019/04/11 by rainwoman

この記事へのコメント

kage

私はひるみません!

そうでしたね、初めまして、ではありませんね。失礼しました。
15年近く、発達障害の早期療育をさせていただいて、多くのお母さんが泣かれました。何としてもこの子が普通に生きていけるようにしてやりたい。と、あるいは、うつ病になっていらっしゃるお母さんもかなりありました。
「自閉症の子のお母さんを責めるのですか!」という声に、私はひるまない!と決めました。
「あなた方は、これから生まれてくる子どもたちと、お母さんに責任をもって言えますか?」と、胸を張って言おうと思います。

貴方が心配していらっしゃるように、これほど障害児が増えては、今に十分な援助が受けられなくなるでしょう。自閉症協会の方々が、この事実を無視し続けることは、子どもたちの将来を不安定にすることだと気が付いてほしい。
もう一つは、長い人生を苦しむのは、お母さんではなく「自閉症を生きる子どもたち」だと気が付いてほしいと思います。
少しでも早く、これからお母さんになる女性に、伝えねばならないと、願っています。出来ましたら「0~4歳の脳を元気にする療育」の本と体験記録の冊子2冊をお送りしたいと願っていますが、ご迷惑でしょうか?

Posted at 22:12:33 2019/04/12 by なかさっちー

この記事へのコメント

kage

なかさっちー さんへ: Re: 私はひるみません!

コメントありがとうございます。

全く同感です。
早く、今のままではいけないのだということを皆さんに気づいていただきたいと思います。

しかしながら、このセッションでは、私の信念やら情熱やら、実績をお伝えするのではなく
どうして、メディアの害についての情報が皆様に伝わりにくいのかをお話しようとしています。

その中には気が付いておられる専門家の中にも躊躇せざるを得ない事情があったりすること、
また、これからはメディアからの情報コントロールみたいなことについても触れていきたいと
思っています。

ご執筆の本についてはご遠慮させてください。

Posted at 10:48:26 2019/04/16 by rainwoman

この記事へのコメント

kage

興味深いです

以前、『リュウくんのこと(4回目)』の記事にコメントさせていただいたものです。
その後無事女の子を出産し、子育てを毎日楽しんでいます(^^)

今回のテーマ、とても興味深いです。
私自身、メディアに囲まれて育てられました。
両親は自営業で忙しかったため、家にあったたくさんのディズニー、ジブリ、ドラえもんのビデオを繰り返し見て過ごしました。
また、父がゲーム好きだったので物心がつく前からファミコンをしていました。

そんな私は
・とても手先が不器用(小学生になっても意識しないと鏡文字になるなど)
・人の顔が覚えられない(クラスが変わると2学期終わりくらいまで全員の顔と名前が一致しない)
・移動教室や遠足など場所を移動するのが苦手(移動しないで元の教室にボケっと座っていたり)
…ということがありました。

私はなんでこんなに馬鹿なんだろう??と悩んでいたのですが…
脳科学や発達心理学の本をたくさん読むうちに、幼い頃からの長時間のメディア視聴が影響しているのでは?と感じるようになりました。

ムスメには音や光を発するおもちゃは与えず、テレビは少なくとも3歳になるまでは見せたくないと思っています。

が、両親や夫からは『テレビを見せないなんてかわいそうだ』『親の自分勝手だ』といわれて気持ちが揺らいでいました…。

今後の記事もとても楽しみにしています。

Posted at 19:48:09 2019/04/17 by イズミ

この記事へのコメント

kage

イズミ さんへ: Re: 興味深いです

イズミさん
ご訪問、そしてコメントありがとうございます。

ご出産おめでとうございます。
女の子さんだったのですね。

どこかで赤ちゃんの顔を見ながら幸せをかみしめられておられるお母さんがいる
と思っただけで私もジワッと幸せな気分に浸ることができます。

それからご自身の成育歴についてのレポート、ありがとうございます。
とても貴重なご自身の体験を教えていただき大変参考になります。

その後しっかりと成長されて、そしていろいろ勉強されて、そして今の幸せが
あるのですね。

イズミさんが子どものころに比べて今の環境はもっともっと子どもたちに厳しく
生まれたてからかざされるスマホ、DVDやユーチューブによる繰り返し視聴、

また映像の質、光の量や動きの激しさ、また、暴力などの反社会的行動が子ども向けの
物にもたくさん入り込んでいます。

また、子どもに問題が生じても[生まれながら]という言葉ですべて解釈され
予防や治療より、療育という名でありのままで受け入れることが大事とされています。

子育て大変なのに、テレビを見せず、子どもと向き合う親と、
静かにしてほしいからテレビの前に座らせる親と、どちらが親の身勝手かというと
答えは明らかですよね。

親がその場限りの楽を選べば、後で親も子も大変になります。

イズミさんの周りの方にもわかっていただけるように頑張って更新していきますね。
イズミさんもママ友たちにもお話してください。




Posted at 10:35:45 2019/04/18 by rainwoman

この記事へのコメント

kage

自治体でも取り組みたい伝えていきたい

こんにちは。2018年10月18日の投稿にコメントさせて頂いたみんたまです。
その時は、自分の無知や勉強不足が恥ずかしくて職業を曖昧に書いていましたが、自治体で保健師をしています。

先生のおっしゃられているように、子ども達を取り巻く環境は年々厳しいものになっているように感じています。
私自身も、長女を産んだ時には持っていなかったスマホを、二女三女を産んだ時には持っていました。生まれた時からスマホが傍にあった年齢の子ども達(スマホの普及率から見ると現在の年長さんくらい?)が小学生になったらどんな子どもに成長して小学校に入学してくるのでしょう。

私の働いている自治体では乳幼児健診で3歳までの子どもを見ますが(4ヶ月、7ヶ月、12ヶ月、1歳半、2歳、3歳の乳幼児健診を保健センターで実施しています)、発達障害が1割と言われているのに対し、明らかにそれ以上の子どもが気になります。
しかしそれは、成長過程だから判断が難しくグレーゾーンに見えるだけで、これから成長していく中で落ち着いていくのだろうと思っていました。
しかし娘が小学校に入学し、小学生を見て、全く落ち着いていない子ども達を見て愕然としました。
印象としては3割以上の子どもが気になります。(なんなら3歳児健診の方が落ち着いていた子が多い印象)
そして私には、3割の子ども達のほとんどは発達障害には到底見えないのです。
愛着障害やテレビやスマホの影響なのではないかと感じます。(割愛しますが、愛着障害とスマホ依存も複雑に絡み合ってますよね)

しかし、私の働く自治体の保健師は発達障害の早期発見と虐待予防と生活習慣予防に重点をおいていて(もちろん今あげたものはどれもとても大事だけど)、テレビ・スマホ漬け予防や愛着障害を伝えていきたい私の考えをどのように推し進めていけばいいのか、私の中で勉強し作戦を練っているところです(こうしている間にも子ども達がずっとスマホを見ているかと思うとゾッとしますが、何もできない自分が本当に情けない…)。

まわりにも、1日中ゲームをしている、早朝なら親にバレないから早朝に起きてゲームをする、学校から帰ってきて親に見つからないように家に入り自分の部屋にこもりゲームをしている、ゲームをしたいため宿題を猛スピードで終わらせる、不登校で1日中家でゲームやYouTubeを見ている、‪1時‬間と約束してもキレる、などなど、ゲーム依存スマホ依存の小学生をもつママ友がたくさんいます。
どれも仕事で相談を受けたわけではなく、ママ友に聞いた、本当にごくごく普通の一般的な小学生をもつママがみんな悩んでいることです。

先生がこれからブログで触れてくださる内容なのかもしれませんが…
もっと子ども達のスマホ依存やゲーム依存の状況をテレビで伝えて欲しい!
しかし今の日本の経済は、スマホやアニメや音の出るおもちゃやYouTubeやゲームで回っていると言っても良いくらいだから、メディアは伝えてくれないのでしょうね。

日本の自殺者数は減少傾向にありますが、10代前半の子どもの自殺者数は増加傾向にあります。
これが2010年以降のスマホの普及率が上がる時期と重なるのは偶然なのでしょうか?
ただでさえ少子化で子どもが減っているのに、スマホ依存やゲーム依存によるウツや精神疾患や不登校や引きこもりが増え、乱暴な言葉かもしれませんが今の子ども達の何割が税金を払えるようになるだろう。
もっと国として、学校と自治体と病院と療育機関と研究機関と、全てが協力してスマホ依存について考えなくてはいけない時代になってきているように思います。

思いつくままに書いてしまい、乱文お許しください。
先生の記事、いつも楽しみに待っています。
すごーく勉強になります。
過激なことも書いてしまったように思います。必要であれば、非公開にしてください。

Posted at 01:47:04 2019/05/02 by みんたま

この記事へのコメント

kage

みんたまさんへ: Re: 自治体でも取り組みたい伝えていきたい

こんにちは、みんたまさん
返事が遅くなりもうしわけありません。

みんたまさんは保健師さんなのですね。
そういう職業の方が訪問してくださり、共感していただけることはとてもうれしいです。

そうなんですよね、年々というか、刻々というか子どもを取り巻く、いえ、人類を取り巻く環境は
どんどん恐ろしいものになってきていて、その中で、一番弱い、小さな子どもたちがとんでもない状況
になってきています。

明らかに子どもたちの様子が変になってきているのにそれを感じきれない人たちも
すでにメディアの影響を多めに受けてしまった人たちなのかもしれません。

私は保健所で月1回の相談を受け持っていますが、基本的には民間の人間で、市に対しては何の権限も
持っていないのですが、無理やり勉強会を開いたりして、また、立ち会っている保健師たちはメディア
遮断だけで、相談に来た子どもたちの姿が大きく変わるのも見ているので、比較的、私の意見を理解して
くれています。

それで、妊婦教室とそれぞれの乳幼児健診で指導をしてくれているようです。

しかし、発達相談に関わる児童精神科の医師や市の療育関係の人たちは私のことを極端なことをいう
人間だと思っておられるようです。

学校は学校でパソコンやタブレットでの授業、雨の日は休み時間もテレビ・・・
せっかく落ち着いて入学した子どもたちが見事に後戻りです。

教育委員会とかと話しても、きちんとメディアを使っているか文科省に報告しなくてはならないとか
先生たちにも休み時間が必要だからとか、

しかし、良くないという研究は世界中でかなり進んでいます。
見せすぎることは虐待だといわれる日が来ると信じています。

私も遅れ遅れですがお伝えしていきます。

それから、私のことは先生ではなくrainwomanでお願いします。
打つのが面倒でしょうが・・・先生と呼ばれるのは職場だけにしておきたいです。

もう少し、気合を入れて更新していかなければ間に合いませんね。

Posted at 11:58:08 2019/05/06 by rainwoman

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック