FC2ブログ
2020 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29. »  2020 03

筑豊に行ってみました

kage

2013/05/28 (Tue)

今更ゴールデンウイークのことですが、やっぱり書きたいことがあるのでお付き合いください。

毎年、この時期、我が家はけっこうすることがあって、ゆったり旅行などできません。
30鉢ほどの蘭をサンルームから外に出したり、株分けなどして植え替えたり、
早生のタマネギやジャガイモの収穫、夏野菜の植え付け、ハーブの乾燥など・・・。
日頃、滞りがちな家の中の掃除や衣類の虫干などもこの時期の年中行事です。

ところが今年は、夫が「どこかいこうか~」と言い出しました。
上記のことがあるから海外旅行とかは無理、「う~ん、人が多いところはイヤだな。」
と答えるとしばらく考えてから「筑豊(ちくほう)は?」と提案してきました。
「筑豊か~。行ってみたい。」ということで我が家としては珍しく、1か月も前から予定が決まり、
ホテルも1泊だけですが予約しました。

「連休はどこか行かれますか?」との問いに「筑豊」と答えると決まって「なんで筑豊?」とか
「何か特別のことがあるのですか?」との反応が返ってきました。
「それどこ?」と全く見当をつけられない人も・・・

「なんにもないよ。なんにもないから行きたいなと思って。」と筑豊の人には失礼な返事ですね。


筑豊地方は福岡県の東南部に位置し、かつては炭鉱で栄えたところです。
ここで掘り出された石炭は明治時代には日本の近代化を支え、そして戦後の復興と高度成長を
支えてきました。
ところが1962年(昭和37年)に原油輸入が自由化され、日本のエネルギーの主役の座を
石油に奪われて、石炭の産出量は低下の一途、日本中の炭抗が閉山を余儀なくされていきました。

筑豊も石炭とともに栄枯盛衰を経験した地域です。
そんな歴史をたどったところを見てみたい、雰囲気を感じてみたい・・・

私たちの青春時代のカリスマ的作家、五木寛之の「青春の門」の第一部(筑豊編)の舞台でもあり・・
最近(といっても10年も前)の話題では嘉穂劇場が豪雨で被災した後、名だたる芸能人たちの
募金活動によって復元され、そうまでして復元したいと思わせる劇場も見てみたい・・・

また2年前には山本作兵衛の炭抗の記録画がユネスコによって世界記憶遺産として登録されました。
同じ日本人でありながらユネスコが発掘してくれるまでその存在を知らなかったなんて、
ぜひ現物を見て記憶に残したいと思っていました。

福岡空港からは筑豊一の都市、飯塚市までは車で1時間ほどでしょうか。
緩やかに登りの道が続き、標高の高い場所へ向かっているのがわかりました。

まずは、ネットで調べた、観光スポット、旧伊藤伝右衛門邸へ。
伊藤伝右衛門は、貧しい生まれながら、筑豊の御三家といわれた麻生(副総理のご実家)、安川、
貝島に続いて炭鉱を起こし富を築いたいわゆる成金といわれた人で、代議士にもなりました。
52歳の時に後妻として大正天皇と血縁のあった27歳の美女、柳原燁子(あきこ・のちに白蓮)
をめとり、彼女のために建てた豪邸です。
でも、10年で彼女は失踪し、大きなスキャンダルとなりました。

話すと長くなるので興味がある方はご自分で白蓮の生涯等、お調べください。→ココ

さて、ここを案内してくれた地元のボランティアのおばさん。
一部屋一部屋、一つ一つの調度品や内装など、いかに贅を尽くしたものか説明しながら、
そのありがたさがわからなかった白蓮のことを本当に憎々しげに語り、当時マスコミで
ひどいことも言われた伝右衛門のことをいかに優しく寛大であったかと何度も何度も話して
くれました。おかげで私たちのグループは後ろのグループに次々に先を越されてしまうほどです。

おばさん、伝右衛門は筑豊の誇り、この家は筑豊の宝なんだよね。
そして、おばさんは筑豊のことが大好きなんだ。

そういえば、学生の頃、同級生と先輩に筑豊出身の人がいて、寂れかけた町の自慢話はしなかった
けれど、筑豊を愛している気持ちは静かに伝わってきていた・・・
だから、私もいつかは行ってみたいと思っていたんだよね・・・

伝右衛門邸の門を出ると、すぐ横に四宮(しのみや)の成金饅頭が売ってありました。
人の顔ほどの大きさのどら焼きみたいなお菓子です。
炭抗で働く人の中には伝右衛門の話なんかをしながら、この饅頭を一人でペロリなんて人もいたの
だろうと想像します。仕事で疲れた体を癒す、ささやかな贅沢。

そういえば先輩は帰省のたびに買ってきてくれたな・・・初めて見たときはその大きさに
びっくりして・・・ああ、懐かしい。二人では食べ切れそうにないけれど、買って帰ろうね。

次は、当初の目的の地のひとつ、嘉穂劇場です。



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック