FC2ブログ
2020 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29. »  2020 03

生きるということの意味を知ったとき

kage

2015/06/20 (Sat)

前回の話の続き、私の思い出話です。

姉が亡くなって、2年ぐらいして、私たちは郊外に建てられた戸建ての団地に移り住みます。
その間、弟が生まれ、後に妹も生まれ5人の家族となりました。


小学校2年生の時に、そこで私は不思議な体験をするのです。


病弱な私は、ときどき体調を壊しては学校を休むことがありましたが、その日は朝から高熱で、
タクシーで病院に連れて行ってもらい、帰ってきてからもぐったりと床に就いていました。


夢うつつの中・・・・ なんてきれいな場所、
柔らかい緑色の草原にたくさんの花が咲き乱れ、その中に私は佇んでいました。

すると向こうの方から、

「rainwoman、おいで、rainwoman、、、」と呼ぶ声がします。その声はだんだん大きくなって、

そちらの方を見ると姉が手招きをして私を呼んでいます。

「ああ、お姉ちゃん、こんなところにいたんだ、、」

体は羽のように軽く、ふんわりふんわり、姉の方に駆け寄ろうとしたときに、
また私を呼ぶ声がしました。今度は後ろから、

rainwoman、rainwoman、rainwoman~~|」

私がはっと目を開けると母が叫びながら私の体を必死で揺すっていました。

「お母ちゃん」
「rainwoman 大丈夫?」

と母は私を抱きかかえようとしてびっくりします。
布団が水のような便で一杯汚れていたのです。

母に言わせると私は1歳前にはおむつが外れ、
それ以来一度も失禁をしたことが無いということです。

体調が悪いといってもただ事ではないと思ったようです。
そこにもってきて、私が

「今お姉ちゃんが私を迎えに来ていたの。」

と言ったから母のうろたえようは大変なもので、汚れた布団はそのままで、
病院に行くためのタクシーを呼びました。

「病院は朝行ったよ。」というと、
「また行かなきゃダメなの」と母は声を押し殺すように言いました。

前、父はタクシーに良く乗る人だったと書きましたが、父が贅沢だった分、我が家の家計は苦しく、
母は重い荷物があっても遠い市場やバス停からも歩きました。
それなのに今日は私のために2往復もタクシーを使ってくれました。

「私は、お姉ちゃんについていったらダメだったんだ。」
「私は生きていなきゃダメなんだ。」


父母によるとひまわりのように明るく元気だった姉に比べて、体が弱く引っ込み思案だった私、


でも、あの時、お坊さんがしっかり生きなさいって言ったもんね。
人は死んだらいけないんだ、死んだら周りを悲しませるんだとはっきり認識できた瞬間でした。

今こうやって振り返ってみると、あの僧侶のことばは、
子を無くして悲しみの底にある両親のためにもその両親の子として生きなさい。
つまり、子の成長を喜んだり心配したりする親の役割を全うできるようにあなたが
子としての役割を演じなさいという意味もあったのかなと思ったりもします。



自然に囲まれた場所で、病弱だった私も野原を駆け回り、木によじ登り、
沢でずぶぬれになりながら、少しずつ、元気になっていきました。


そこは丘に囲まれたような地形で、町の明かりが届かず、本当に夜は暗くて星が美しい場所でした。


私は縁側に腰掛けて星を見るのが好きでした。
そして「どの星がお姉ちゃんの星かな~?ウン、きっとあれだ~」なんて勝手に決めながら
手を合わせ、「家族が病気をせずに、元気に過ごせますように・・・」と祈ったりしました。


それ以来、そのような夢は一度も見たことがありません。

でもその後、テレビで臨死体験を特集したようなものがあると風景がそっくりだな~と思います。
人が一番美しく安らげる場所として心に浮かべる風景は、似ているのでしょうか?

非科学的なこと等、あまり信じない私は、どのようなメカニズムでこのようなことが起こるのかと
考えてみたりもしますが、臨死体験などという言葉も聞いたこともないような頃に見たあの風景は
今でも不思議な気持ちと一緒に思い出します。



この記事へのコメント

kage

生と死

rainwomanさんご自身の体験、ありがとうございます。
家族との平穏で代わり映えのない毎日が本当にありがたいな~と感じるこの頃です。

「生と死」を、感じにくくなっている時代だと感じます。
私(20代後半)は、田舎出身で、祖父母と一緒に住み、家に仏壇や神棚があって、お祈りしたりお墓詣りなども身近であったように思います。
一方、都会に出てきて、家族三人暮らしの賃貸住宅には、仏壇はないですし、祖父母にも月一回会うかどうかというところです。
妹の死、もうこんな悲しいことはもうあってほしくないですが、「生と死」について、子供に伝えるきっかけになりました。

少し記事とは違う話で申し訳ありません。
文章にして、少しだけモヤモヤが晴れた気がします。

話は変わりますが、もうすぐ七夕ですね。
きれいな星空が見られますように。

Posted at 10:47:28 2015/06/25 by kupo05

この記事へのコメント

kage

kupo05さんへ

kupo05さn

お返事遅くなり申し訳ありませんでした。
少し体調を崩していました。>

> 一方、都会に出てきて、家族三人暮らしの賃貸住宅には、仏壇はないですし、祖父母にも月一回会うかどうかというところです。

現代社会は人から人に伝え続けていく(つまり文化の伝承)ということが難しくなってきました。
その代りに、メディアを通した一方向的な情報の提供で、その良し悪しの検証もなされないままに押し付けられているものがたくさんあります。

生死という人間の存在の根底にも同じような現象が起きてきていて怖い気がします。

どうかいろいろなこと、些細な事でも、ことあるごとに娘さんに伝えていくという姿勢を持ちつつ子育てを楽しんでください。

Posted at 20:11:19 2015/07/19 by rainwoman

この記事へのコメント

kage

はじめまして

こんにちは。はじめまして。ぽむぽむさんのブログから参りました。

ずっと更新が無いようですが、お元気なのでしょうか…?

全ての記事を最初から読ませて頂きとても勉強になりました。
一度読んだだけでは身に付かないかもしれません。
また繰り返し来させて頂きます。


今一人目を妊娠中、7か月と少しです。
「ゆとり世代の先生」の記事を読んで反省中です。
わたしもゆとり世代の一代目?と言われる年齢、後輩に仕事の引き継ぎをしているところなのですが、全く身が入っておりませんでした。
「早く退職したい」の一心なのです。

これでは残された職場の方たちが、安心して前向きに見送れないだろうな、と思いました。

今からでも、自分にできることをきちんとして、引き継いでいかなくてはと思います。

(フォルダの整理が大変です…父は几帳面な性格なのですが、わたしはその場、その場で生きていたなと思います。要するに仕事に対して責任感がなく、適当…)

わたしは産まれてくる女の子に、どんな背中を見せたいだろうと考えます。主人に対しては父親らしく、こうあって欲しいと願うばかり、さて母親のわたしは…?

とにかく二歳まではテレビを見せない、ベビーカーは対面にする、それから布おむつが良いのでしたっけ…?何でも「良い」と言われることを実践してみます。

Posted at 16:18:59 2016/07/27 by ゆり

この記事へのコメント

kage

Re: はじめまして

ゆりさん、初めまして。

そしてずっと放置したままのブログに訪問していただいて、そして
コメントまでいただいて、ありがとうございます。

元気で仕事しています。
前回の更新後、また、いろいろあって、
少しの負荷でエネルギー切れになる私です。
おまけに、あまりSNSなるものが好きなほうではないので・・・
ついつい遠ざかっていました。

でも、みなさん、訪問してくださった方はゆりさんみたいに
全部読みましたと言ってくださる方が多くて、

それはとてもうれしくて、私の勇気につながります。
また、ボチボチ書いていきますね。

ご妊娠おめでとうございます。
喜びと不安が入り混じっている時期ですよね。

子育ては本当に大変で、特にはじめの数か月は私も苦しいと思うことも
ありました。でも、子どもが育つにつれ、それは何倍もの喜びにつながります。

あまり無理をせず、自然体で頑張ってください。

でも、最近はメディアの影響が子どもたちに深刻な問題を
引き起こしています。それだけはどうか、気を付けてください。

ご一家のご多幸をお祈りしています。

Posted at 21:21:24 2016/07/28 by rainwoman

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック