FC2ブログ
2020 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29. »  2020 03

クリスマスのプレゼント、なんにします?

kage

2016/12/01 (Thu)

グズグズしている間に、12月に入ってしまいました。


このところの話を完結できないままで、緊急の話題です。

子どもたちへのクリスマスプレゼントはもう決められましたか?
まだ決めていない方、もう決めたけど、まだ変更できる方、
是非読んでくださいね。


昨年のクリスマスには多くの携帯用ゲーム機が子どもたちにプレゼントされました。

何年も前から存在したゲーム機です。
持っている子どもが年々低年齢化して、院内でも診察を待っている間、
周りの様子に目もくれずゲームを黙々としている小学生たちの様子に
ひどく違和感を持っていましたが、

昨年は、年中さん位の子どもたちにまで、サンタさんが持ってきてしまったのです。

私たちは頭を抱えました。

あの子もこの子も返事しなくなったよ。目が合わなくなったよ。
会話がなんかかみ合わない。
発音の練習をしても、すぐに注意が飛び、遊んでいても、何回もおもちゃを落としたりします。
発達障害のあの子はまた叫びだしてしまった。

クリスマス前の様子と比べ、大きな変化がある子どもたちには、コッソリ聞いてみました?

『サンタさんのプレゼント、○○(ゲーム機の名前)でしょう?』
『ウン。』
『やっぱりね。』


日ごろから、子どもの年齢、発達段階、問題行動の状態などを考えて、
ゲームをする頻度や時間などについてアドバイスをしてきましたが、
未就学児にはやはり早すぎます。


子どもの願いをかなえるべく、大金を出して用意したサンタさんたちの気持ち、
胸が張り裂けそうでしたが、時間をかけて、使わせないようにと、説明をし、
親子ともに納得してもらって

院内に落ち着きが戻るのにひと月以上かかったと思います。

そこで、年間を通し、メディアやゲームの弊害についての啓蒙のチラシや
根拠としている論文(後日お知らせします)などを待合室に置き、
ことあるごとに説明をするようにしました。



さあ、もうすぐクリスマス、ちょっと早めに聞いてみました。

『サンタさんに何もらうの?』


さすがにゲーム機という子はいないのですが、


『(戦隊ものの)ベルトと剣』

ああ~、それもやめて~、


音や光の出るおもちゃを繰り返し使うことも子どもたちの脳に深刻な影響を与えます。

現に、赤ちゃんの時からボタンで音と光が出るようなおもちゃがお気に入りで
言葉が遅れている子が言葉の相談に来られます。


3歳になるぐらいまであまりテレビなど見せず、もちろんスマホ画面も見せず、
ことばの発達や対人関係、落ち着きに問題がない子であれば
年長さん位から使ってもいいかもしれませんが、
わが子が落ち着きがないと思われている方はどうかやめてください。

と言って、おもちゃ売り場に行けばそんなのばかり、
親にとっても、子どもにとっても、そしてサンタさんにとっても
とても難しく、残酷な時代です。

アナログで、親子で遊べるものを是非選んでください。
積み木、ブロック、年齢とともにボードゲーム、
男の子も意外とよろこぶおままごセット、お人形など・・・

そんなのもうある、という方、色のいっぱい入った色鉛筆とかクレパスとかも
楽しいし、毎晩読んであげる絵本の数が増えるのも子どもたちが喜ぶかも・・・




この記事へのコメント

kage

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Posted at 19:12:19 2016/12/02 by

この記事へのコメント

kage

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Posted at 08:48:00 2016/12/05 by

この記事へのコメント

kage

はじめまして。保育士おとーちゃんさんのブログから参りました。

昨年の12月ごろに知り、過去記事も読ませていただきました。
とっても素敵なブログでした♡おとうちゃんさんがリンクされているのも納得!でした。ブログタイトルから、妊活や妊娠中に気を付けることなどが書かれているブログなのかな~…なんて思っていました(^^;)すみません。
読んだ後は、タイトルも納得!でしたが。

前回までのシリーズ記事も、先を楽しみにしています!

そして一つ質問だったのですが…
テレビの害についてはっきりと書かれていますよね。
私も、自然的育児をしたいと思っていたので、自分の子には私からテレビを見せてはいません。
ただ、親戚の家庭が、どっぷりテレビをつけているのですが、その子(7歳女)はすくすくと育っています。私はその子が3歳の時から2年間、その家に居候させてもらっていたので、朝から晩まで毎日、大型テレビが大きい音で付いているのを見ていました。内容は、あらゆるドラマを録画して、1,3倍速で、親がいる間はドラマを見ている感じ。
子どもは保育所に通っていて、朝起きた時からテレビはついており、4時頃にはおばあちゃんが迎えに行き、その後も寝るまでテレビはついています(食事中も)。
私は正直うわっと思っていましたが、その子にはあまり影響はないようでした。

子どもの感受性や、その他の環境要因もあるのでしょうか?

たいしたことではないのですが、気になっていたことでした。
お忙しいと思いますので、またお時間ができたら、気が向いたらお返事頂けたら嬉しいです~。またこれからも記事を楽しみにしています!

Posted at 22:20:05 2017/01/22 by ボニービー

この記事へのコメント

kage

ボニービーさんへ

初めまして。

ご訪問、コメントありがとうございます。
なかなか更新できないブログにおほめのことば、恐縮です。

実は今、講演の準備でテンテコマイです。

父母の介護の間にメディアの害についての諸学会のコンセンサスが出てきました。
もう、幼い子供には見せたらいけないということです。

それらの学会の諸論文を読み漁っています。メディア肯定論を唱えている人たちの
言い分も勉強しています。(こちらは科学的根拠がないものばかりです)

さて、ご親戚のお子様の話、

研究はあくまでも疫学的な話で、個々の人のことは説明できませんが、
メディアの影響を受けるか受けないかはその子どもさんの遺伝的素質と環境の粗悪さの複合で決まります。

ご親戚の方はボニービーさんを居候させられる度量の大きなご家族で
遺伝的にも社会性の強いご一家かもわかりません。

一方、この子は社会性の問題はありませんと親御さんがおっしゃられている子どもさんもやはりメディアに
多く接している子は私たちから見ると、少し落ち着きや会話のかみ合いが物足りない感じがします。

講演が終わって、K君の話が終われば、今度はメディアについてしっかり書こうと思っています。

よかったら、また、ご訪問ください。

Posted at 09:04:18 2017/01/23 by rainwoman

この記事へのコメント

kage

rainwomanさん

すぐにお返事頂けるなんて嬉しいです!本当にお忙しい中ありがとうございます!講演会をされるんですね。日常生活も大変な中の準備、とても大変だと思いますが、頑張ってください!

そして、質問の回答ありがとうございます。

>遺伝的にも社会性の強いご一家
という言葉、なるほどです~。確かにそんな一家です!
まだ30代のご主人が亡くなられたのですが、その奥様(主人の妹)とそのご両親家族(主人家族)は、気丈に、という感じでもなく普通に生活されています(もちろん内面では大変だとおもいますが…)。

そして居候していたのは、私・主人・生まれたばかりの娘、だったので、娘には見せたくないと思いつつ、テレビが見られる環境に2歳半までおいてしまいました。今は主人と主人の両親と同居なのですが、娘(現在4歳)がたびたびテレビを見たがるので、無理にみせないのも…と思い、たまに見ています。それとは別に、同居の両親の部屋で長いこと見ていることも…。大人が見る怖い?刺激のある番組もやはり多いので、イヤなのですが、そこまでは両親には言えないですね…。

ちなみに私の実家家族は、主人家族よりもかなり社会性的に弱い?タイプなのでは…と思います。自分もかなり打たれ弱いですし、刺激的な空間は苦手です。
そう考えると、娘はやはり、テレビの視聴はあまりしない様にした方がいいのかな、と思いました。

テレビの害のシリーズ、待ち遠しいです。主人の両親にも伝えれるようなものだったらいいな~って思います。(主人の両親は、その7歳の子がテレビを見ていても、何にも変なところはないし、いいじゃない~って言ってくるので。実際、本当に私が見ていてもおかしいところないんですよね…悔しいことに)
自分でもなんとか調べてみようかな~と思います。

本当にお忙しい中、目を通していただいてありがとうございました!
また気長にブログの更新待たせていただきます(^-^)風邪も流行る季節、お体を大事にしながら、頑張ってくださいね。

Posted at 23:30:54 2017/01/23 by ボニービー

この記事へのコメント

kage

ボニービーさんへ

こんばんは!

再度のご訪問とコメント、こちらこそありがとうございます。
自分が発信したことについての反応を知ることができるのは
とても励みになります。

何事もサクサクとは進まない私ですが、時々のぞいてみてください。

勉強をすればするほど、メディアが子どもたちを傷つけていることを確信し
しばらくはこのことを知らせることに心血を注がねばと思っています。

今後ともよろしくおねがいします。

Posted at 21:19:44 2017/02/05 by rainwoman

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック