FC2ブログ
2020 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29. »  2020 03

なりたい自分になるということ・6

kage

2017/02/22 (Wed)

皆さん、こんにちは。

小学生になったK君のお話です。初めての方は是非、昨年9月8日付の記事から順に読んでください。

K君は親から遊んでもらった経験も少なく、保育園でもルールが守れないし、衝動的に粗暴な行為が
出てしまうので、同年齢の子どもたちと楽しく遊ぶのはとても困難でした。
1年前に私が担当になってからやっとすごろくやトランプなどルールに従って相手と競う遊びや、
ごっこ遊びの楽しさを知るようになったばかりでした。

私は再三、担任に他児が遊んでいる場面に上手に誘導してくださいとお願いしていましたが、
担任は「大人の力を借りず、自分から参加できる子になって欲しい」
と休み時間のK君を一人で放置しました。

「それができるのであれば、何も困らないんだよ~。」
「やれないことをやれるように上手に導くのが指導者の役割でしょう。」

しかし、私の心の叫びは担任の固まった信念を揺り動かすことができませんでした。

ある日、K君はお母さんの後ろに隠れるようにして、来院しました。
あいさつをして訓練室に導こうとするとお母さんが、
「あの~、3日ほど前のことなんですけれども・・」と話し始めました。

K君は私とお母さんの間に入って、「ママー、言わないで、言わないで、」と泣き出しました。
お母さんはそれに構わず、話し続けられました。

昼休みに一人で教室に残ってパトロールごっこをしていたそうです。教壇のあたりを自分の基地に
して、そこへ掃除の手伝いをしてくれる6年生の男の子が4人ほど入ってきて、K君はとっさに
「怪しいやつ、ここから出ていけ、さもなければ撃つぞ!」と両手で銃を構える真似をして・・・
それで「お前、バッカじゃねえの。」と言われてカッとなり、先生の机の上のハサミを取って、
「貴様、ぶっ殺してやる~」その6年生を追いかけまわしたとのことでした。

まあ、年齢差がありますから事なきを得ているのですが、担任は大きな問題と考えたようです。

物で相手を傷つけようとする行為はこの1年ほどは全くなかったのですが、

お母さんから話を聞いている間にK君は訓練室に入り、中から鍵をかけて、
隅でうずくまって泣いていました。

「K君ごめんね、先生、鍵持ってんだ。」と近くに行こうとすると
「先生、来ないで、来ないで、怖い、怖い・・・」と言って泣きました。
「先生、怒ってないよ。」と言っても「怒ってる、怒ってる・・・」と言ってまた泣きました。
「ねぇ、」と言いかけると、「怒らないで、怒らないで、先生の声、怖い怖い・・・」
「優しくいって、優しくいって・・・、怖い怖い・・・」(これ以上優しくはいえないな~)

今回は、15分経っても20分経っても、同じ調子です。全く私に話をさせてくれません。
とうとう30分が経過しました。次の子どもが来る時間が迫っています。

私は最後の手段に出ることにしました。

「うるさい!黙りなさい。」

私も、少し感情的になっていたのでしょう、自分が予定していたよりも
大きな声が出てしまいました。
「何があっても君のことが大好きだよと言いたいだけだよ。」と荒っぽい声で続けました。
K君はワアーッと泣いてそれから泣き止もうとしばらくしゃくりあげ、自分から椅子に座りました。

彼は蚊の鳴くような声で聞きました。「僕のこと、好きなの?」「 どんなことがあっても?」
私はうなづき続けました。

「今日は僕、帰るね。」
部屋から出て私はお母さんに謝り、お母さんも私に謝り、そして帰っていきました。


君は優しい人になりたいし、そして君は愛される人になりたいんだ。


それからは、私の前で取り乱すことはなく、自分から学校や家庭でのトラブルを報告し、
今度そんな場面に出くわしたらどうするかを2人で考えました。

2年生からは情緒学級という区分の特別支援学級に在籍し、今度は体格の良い男の先生でした。
この先生は、子どもたちに「こうなって欲しいという姿」を押し付けることなく、
「こうなりたいと思う自分の姿」を明確にしていくことを手助けしてくれる先生でした。

K君はみるみる落ち着き、発音の練習も進んで、そろそろ卒業かなと考え始めた頃でした。

教材を取ろうと席を立った私の背中にK君が言いました。
「rainwoman 先生って変だよね。」
私は後ろを向いたままで「何が?」と聞きました。

「大体、先生みたいな仕事の人、ほら、(他院の)児童精神科の先生達とか、療育センターで
検査をしてくれた先生とか、僕が何をやっても文句言わないよ。」 「で、私は?」
「口うるさいんだよ、扉はそっと閉めろとか、背中をまっすぐとか、ティシュは2枚までとか・・・」

「へぇ、悪かったわね、私は口うるさい人間です。はい。」といって、
彼の前の椅子に腰かけました。

「でもさ、これは何が何でも絶対叱られるなと思ったときに、絶対に叱らないんだよ。
僕にそれはだめだと一回も言ったことがないでしょ。一回も僕を叱ったことが無いんだよ。」

「一回、どなったことがあったけどね(笑)、でもK君を叱りたいと思ったことは
一回も無いかな。」

「やっぱり先生、変わってる・・・」

まもなくK君は定期の訓練を終了し、数か月に一回の経過観察を続けることになりました。


君のなりたい自分は人に優しい自分、君のなりたい自分は人から愛される自分。


そして君はもう十分にそうなりつつあるんだよ。

                                    ( 完 )






この記事へのコメント

kage

こんにちは。

今回と前回、読んでいて涙が出ました。
k君の、失敗した時の悲しい気持ちとrainwomanさんを信じたい気持ち、そしてrainwomanさんの受け止めようとする広~~い優しい気持ちが伝わってきました。

自分の話になりますが、これを読んで、私は、なりたい自分、から逃げているんだなと思いました。失敗したら恥ずかしいから、もともとなれないんだよ~って周りにアピールしておいて、出来ない言い訳を作っておく。失敗したら自分から笑いものになる…準備をしておく。

K君のように自分を抑えられないなどとは全く正反対ですが、抑えること、興味がないふりをすること、出来ない自分をアピールすることで、なりたい自分から逃げています。失敗することが恥ずかしい…のはもちろんですが、出来る、と自分を信じられないんだなと。

rainwomanさんのように無条件で信じてくれる人が私も大人になるまでに出会いたかったな~なんて思いました。もう大人なので、自分で気づいて癒していく部分なんでしょうが、まだまだ精神が不安定な母です…(^^;)

でも、子どもを授かって、本当に幸せだと心から思います。子どもに出会えてそういう気持ちを持てたことが本当に感謝です。子育ては親育て、で、自分も学ぶことが多く、不安定ながらも少しづつ前進していると、信じたいです。

なんだか自分の話ばかりの筋違いなコメントですが、本当に素敵な記事をありがとうございました(#^.^#)
これからも楽しみにしてますね!

Posted at 22:02:01 2017/02/27 by ボニービー

この記事へのコメント

kage

ボニービーさんへ

ご訪問、そしてコメント、ありがとうございます。

そして子育てを幸せと感じておられること、私にとっては何よりもうれしいことです。

rainwomanの心は広くも優しくもないのです。自分も生きることにそれなりに苦しみ
悩んできました。だから悩んでいる人の気持ちは少しはわかるつもりです。

相手のすべてを受け入れなければ本当の関係が成立しないことを教えてくれたのは
障害を抱えた子どもたちでした。

そして、私のすべてを受け入れて愛してくれたのはわが子です。

子どもとかかわることの楽しさや幸せ、それから自分の子どもを育てることの喜び
そんなことをこのブログを通して発信できたらと思っています。

それから、今までは依頼されたら講演をお受けするという態度でしたが、
地域に開かれた勉強会を定期的にやってみようと重い腰を上げたところです。

私も日々成長(年取っている分ゆっくりですが)しますから、一緒に子どもたちから
育ててもらいましょう。

Posted at 16:42:59 2017/02/28 by rainwoman

この記事へのコメント

kage

初めまして、偶然このブログを発見し、「信頼関係を築くということ」「なりたい自分になるということ」等、興味深く読ませていただきました。子供の未来を良くするための「しつけ」は、子供との間に絶対的な信頼関係を築くことから始まるのですね。

私は現在、共働きで生後半年の1人息子を育てております。
初めての育児で、右も左もわからず、仕事をしながらの息子との向き合い方について考えることも多いのですが、こちらのブログの記事を読ませていただき、大変勉強になりました。

お忙しい毎日をお過ごしとお察ししますが、いつの日か、メディアやテレビが子供の成長に及ぼす影響に関する記事の続編についても、拝読できることを楽しみにしております。

Posted at 23:43:05 2017/11/28 by momo

この記事へのコメント

kage

momo さんへ

> 初めまして、偶然このブログを発見し、「信頼関係を築くということ」「なりたい自分になるということ」等、興味深く読ませていただきました。

放置したままの拙ブログにご訪問いただき、またコメントも寄せていただいてありがとうございます。

> 私は現在、共働きで生後半年の1人息子を育てております。
> 初めての育児で、右も左もわからず、仕事をしながらの息子との向き合い方について考えることも多いのですが、こちらのブログの記事を読ませていただき、大変勉強になりました。

お忙しい日々ですね。辛いことも多々あるとは思いますが、子どもさんが一杯幸せを運んでくれますよ。

子どもさんが泣いたりしても、まだ絶対にテレビやスマホの力を借りてはいけません。
最近、その問題について世界中で新たな論文が発表されています。
日本のメディアはそれを報道してくれませんけれど・・・


> お忙しい毎日をお過ごしとお察ししますが、いつの日か、メディアやテレビが子供の成長に及ぼす影響に関する記事の続編についても、拝読できることを楽しみにしております。


書きたいことは山ほどあるのですが、なかなかなりたい自分になれずにのらくらしています。

でも地域での勉強会に参加してくださっている方たちはテレビを消した効果を実感して報告してくださいます。

また頑張ります。時々除いてみてください。


Posted at 21:20:17 2017/12/14 by rainwoman

この記事へのコメント

kage

rainwomanさんへ

ご返信ありがとうございます!
お返事、励ましをいただけれうれしいです。
これからも時々拝見させていただきます(^^)

Posted at 18:58:15 2017/12/20 by momo

この記事へのコメント

kage

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Posted at 23:07:02 2018/03/11 by

この記事へのコメント

kage

鍵コメさんへ

返事が遅くなりもうしわけありません。

ご訪問、そしてコメントありがとうございます。

私は、子どもが寄って来た時にだけ、猫なで声で声をかけたり、大好きだよと言ってハグするお母さんより
子どものすることにいちいち文句を言ってどなっているお母さんの方が好きです。

それは子どもに視線を向けている証拠、子どもを愛している証拠だからです。

あなたがどういう状況で子どもさんを傷つけてしまったのかはわかりませんが、
あなたが子どもさんのことを愛していることは明らかです。

どうか、してしまったことや、言ってしまった一言にくよくよせず、堂々と子どもさんのことを愛し続けてください。

世界中探してもお母さんを好きではない人はいません。
子どもさんが何と言おうとそのことは気にする必要はありません。

でも、やっぱり後悔しているのなら彼が食べたいものを今夜は腕を振るって作るとか
お風呂でゆっくりお話をするとか、いつもより1冊多く本を読んであげるとか・・・
それで充分です。

子どもさんが寝た後で、同じ状況を想定し、どう対応したいかイメージを作っておくと
次の機会ではうまくいくかもしれません。

状況がよくわからないのでお役に立つかどうかわかりませんが、
子育て頑張ってください。



Posted at 17:19:13 2018/03/17 by rainwoman

この記事へのコメント

kage

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Posted at 23:15:22 2018/03/19 by

この記事へのコメント

kage

鍵コメさんへ

少しでもお役に立てたのならうれしいです。

子どもが上手にできないときは、まだうまく教えれていなかったなと考えると気が楽です。
あまりにも感情的になると自分の方も疲れてしまうしね。

でも、こんなことをするとお母さんが怖くなるというのは悪くありません。
ただ、お母さんの気分に任せるのではなく、一貫した方針で、冷静にたしなめた方が、
子どもは納得します。

また、いつでも気軽にご相談ください。

ブログの方は、なかなか更新できずにいますが・・・((笑)

Posted at 11:17:55 2018/03/20 by rainwoman

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック