FC2ブログ
2020 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29. »  2020 03

リュウくんのこと ( 3 回目 )

kage

2018/04/24 (Tue)

重度の知的障害を伴う自閉症スペクトラム障害と診断されたリュウくんの話の続きです。

知らない人への極端な恐怖心を持っているリュウくんに私は無理に近づこうとはせず、
テレビのごとく、彼の前で勝手に話し、動き、
そして私の存在に警戒心が薄れたところで、物のやり取りの訓練を開始しました。

相手から物をもらう意識が育っていないのに相手の気持ちを受け取ったり、自分の気持ちを
相手に差し出したりはできないからです。

私が持っているものを勝手に取ろうとするリュウくんに私はすぐには渡さず、掌を上にしたら
(それが欲しいというサインを出したら)渡すことから始め、
次に欲しがっているものをわたしの顔の前に持ち上げ、それを見たら掌の上に渡す、
次に、物は上に上げていなくても私の目を見たら、渡す、というように進めていきました。

相手の顔を見て気持ちを表現し、それが伝わると思いが実現することを体験してもらいました。

また、勝手に立とうとするときは肩をそっと抑えて制止し、「どうぞ」と言ってから立たせました。


比較的に早く、私の指差すところを見ることができたので
今度はリュウくん自身が指差すということを教えました。

指差しは多くの自治体の乳幼児健診のチェック項目に入っています。
コミュニケーション発達の指標となる重要な動作だからです。

人は眼前にある自分の関心事を人に伝えようとするときこれを見てというように指をさします。
例えばお母さんが赤ちゃんに「ワンワンよ」と言いながら犬を指差し、見せようとしたり、
また話し始めた赤ちゃんが「ワンワン」と言って犬がいることをお母さんに教えようとします。

指差しをつかさどる運動野下部という脳の部位は言語野と呼ばれる部位のすぐそばに
位置しています。ことばの発信と指差しはこのようにとても密接な関係にあるのです。

私はリュウくんの右手で握りこぶしを作らせ、人差し指を立てさせて、私の左手で保持し、
開いた絵本の上に持っていきました。

私は「りんご」といいながら、右手でりんごの絵を指差し、同時にリュウくんの人差し指でも
りんごの絵を指差させました。
同じように「いちご」「みかん」と言いながらリュウくんの指先もそこに運びました。

意外とリュウくんは抵抗することなく私のなすがままで、数分間、この練習は続きました。

帰り際、いつものようにお母さんにアドバイスをします。
「お母さんは真似しないでくださいね。」

お母さんの目にみるみる涙が溢れました。
「先生と同じように絵を指差して『リ・ン・ゴ』って言って、リュウが声を出すのを
待っていました。」

「ごめんね、お母さん。
お母さんが言葉を教えようとするとリュウくんはますますしゃべらなくなってしまいます。
りんご食べる?とか、絵本を見ているときはここにりんごがあるねとか自然に話しかけてください。
くれぐれも教えようとか、しゃべらせようとかしないでください。」

次の週、ミニカーやパズルで一通り遊んだ後、
「リュウくん、次は何をしようか?好きなの持ってきていいよ。」
と言ってリュウくんを席から立たせるとなんとリュウくん、先週使った絵本を持ってきました。
「りんご」、「いちご」、「みかん」私は、リュウくんの右手を支えている自分の左手を
そっと放してみました。何とリュウくんは、人差し指を立てたままで、指差しを続けました。

おまけに指差しながら何かもやもや声を出しています。

初めての来院の日の泣き声以来、リュウくんの声を聞くことができました。
(お母さん、練習やめてくれたのですね・・・ありがとう。。。。)

そして数週間後、動物の絵本で指差しの練習をしているとき、私が「しまうま」というと
リュウくんも[マンマー]と真似して、しまうまを指差しました。(いったよ~!)

お母さんは、すかさず「リュウ、すごい、しまうま、いえたね~」と大喜び。
さすがに私はそこで水を差すようなことは言えませんでしたが、また帰り際、

「お母さん、これから少しずつことばが出てくると思いますが、もっと上手に言わせようとしたり、
褒めたりしてはいけません。褒めると声を出そうとするときに力んだり、恥ずかしい気持ちに
なったりしますから、自然に、ほんとだ、しまうまがいるね、くらいにしておきましょう。」

いつもいつもお母さんがしていることにケチをつけてしまう私です。
でもお母さんはそれも全部飲み込んでくれました。


どうしてテレビはいけないのか、
どうしてことばは教えてはいけないのか、
どうしてことばを発したことを褒めてはいけないのか、

お母さんを困らせてばかりいる rainwoman ですが、
その説明はまた後日ゆっくりするとしてもう少し、リュウくんの話を続けさせてください。



                                               ― 続  く ー




コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック